韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG電子、上半期(1~6月期)の営業益・売上高が過去最高

LG電子、上半期(1~6月期)の営業益・売上高が過去最高

韓国のLG電子が26日発表した上半期(1~6月期)の連結決算(確報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比18.5%の1兆8788億ウォン(約1854億円)で、上半期ベースでは2009年(1兆7160億ウォン)を上回り過去最高を更新した。売上高は3.2%増の30兆1424億ウォンで、初めて30兆ウォンを超えた。

4~6月期は営業利益が前年同期比16.1%増の7710億ウォン、売上高が3.2%増の15兆194億ウォンを記録した。当期純利益は3265億ウォンで、36.6%減少した。 部門別では、生活家電のホーム・アプライアンス&エア・ソリューション(H&A)事業本部とテレビ事業を手掛けるホーム・エンターテインメント(HE)事業本部が好調だったが、スマートフォン(スマホ)事業を担当するモバイル・コミュニケーションズ(MC)事業本部は営業損失を計上した。 H&A事業本部は営業利益が4572億ウォン、売上高が四半期ベースで最高の5兆2581億ウォンを記録した。

HE事業本部は営業利益が4070億ウォン、売上高3兆8222億ウォン。売上高は上半期ベースで初めて10兆ウォンを突破した。 MC事業本部は1854億ウォンの営業損失を計上した。売上高は2兆723億ウォン。同社関係者は「スマホの世界市場の成長鈍化、中南米市場での中低価格スマホの販売減少によるもので、戦略製品の発売に伴いマーケティング費用も増えた」と説明した。


自動車電装事業のビークル・コンポーネンツ(VC)事業本部は、原材料価格の上昇や先行投資などにより325億ウォンの営業損失となったが、 売上高は3.9%増の8728億ウォンを記録した。 B2B(企業間取引)事業本部は営業利益が390億ウォン、売上高が5885億ウォンだった。
http://news.livedoor.com/

LG電子は、昨年は売上高が61兆4024億ウォン、営業利益が2兆4685億ウォンを記録した。LG電子の年間売上が60兆ウォンを超えたのは初めてとなる。昨年第4四半期(10〜12月)の売上は16兆9697億ウォン。四半期基準では最高値である。LG電子が昨年に比べて約6兆ウォンも高い売上高を達成できたのは、テレビ事業を担当するHE事業本部の役割が大きい。HE事業本部の第4四半期売上高は約5兆5800億ウォン、営業利益は4189億ウォンを記録したと予想している。HE事業本部の四半期別売上の5兆ウォン突破は、2014年第4四半期(5兆4270億ウォン)以来3年ぶりのことだ。

LG電子は数年前からオーレッド(OLED・有機発光ダイオード)テレビを前面に出して、グローバルプレミアムテレビ市場の主導権確保に力を入れている。2500ドル(約285万ウォン)以上の価格で売れるプレミアムテレビ市場は、販売台数の面では1%弱の市場だが、高額で販売できるため、より多く利益を残すことができる。「価格より価値」を重視する市場なので、ブランド価値を高めるのにも有効だ。 この傾向は今年も継続していることから、営業益・売上高が過去最高につながった。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月27日 09:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp