韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  高級ディスプレイは日本なしに生産できない!

高級ディスプレイは日本なしに生産できない!

中国メディア・東方網は24日、中国ではハイエンドなディスプレイの生産で急速に発展を遂げている一方で、依然として日本の存在なしには生産することができないとする記事を掲載した。 記事は「ここ数年、中国におけるディスプレイ技術の発展は目覚ましいものががあり、特にOLEDパネルの生産に関してはグッドニュースが続々とやって来る。そこで、中国は、もはやハイエンドディスプレイ分野において誰からの制約も受けないと思う人もいるようだ。しかし、実際の生産過程において重要な設備の一部は、なおも輸入に頼る必要があるのだ」とした。

そして、国産化できずに輸入に依存している設備の例として、真空蒸着機を挙げている。「表面的には日本のディスプレイ技術は落ちぶれたように見えるのだが、生産に必要なハイエンドの真空蒸着機はなおも独占状態にあるのだ。蒸着はOLEDの製造工程のカギであり、有機発光材料を均一にガラス基板に蒸着させる必要がある。有機材料は酸素や水の影響を受けやすいうえ、容易に汚染も起こることからその工程は非常に複雑であり、真空蒸着機がなければできないのだ」と説明している。

記事はまた、この真空蒸着機の製造技術を把握しているのが日本の「農村」にある企業だと紹介。非常に小さい誤差で有機発光材料を蒸着させる技術を持つのは全世界でこの企業だけであるとした。一方でこの真空蒸着機は年間に10台程度しか出荷されないと説明、「中国企業はお金の問題で買えないことはない。しかし、今欲しいと思っても、先約が数多く入っていて最低2年は待たなければならないのだ」と伝えた。


そのうえで、「各業界の発展には、その他の関連業界のサポートを必要とすることがある。ある業界でブレイクスルーを果たしても、関連業界でも同様に課題を克服しなければならないのだ。ゆえに、われわれは自らの進歩を誇大化することなく、さらに様々な分野で革新をお起こす必要がある」と結んでいる。
http://news.livedoor.com/

2017年から2018年の2年間、パネルメーカーの投資が予想される第6世代フレキシブルAMOLED量産ラインの規模は、月産15,000枚が基準で約20ラインで、OLED量産ライン稼働に必須である蒸着装置を20台を確保することが重要な課題となっている。現在、韓国でフレキシブルAMOLEDを量産しているSamsung DisplayとLG Displayは、キヤノントッキが製造した蒸着装置を導入して量産を行っている。韓国のSFAと韓国のSNU、アルバックも中国パネルメーカーに量産用の蒸着装置を納入しているが、第4世代から第5世代向けの装置である。2016年、韓国のSunic SystemはLG Displayに第6世代用蒸着装置を納品したものの、まだ量産にはつながっていない。第6世代用蒸着装置の量産を実現したメーカーはキヤノントッキのみだ。

パネルメーカーはキヤノントッキ製蒸着装置の購入を希望しているが、、キヤノントッキは蒸着装置製造ラインは製造能力がフルキャパで、全てのパネルメーカーからの要望に対応できない状況だ。その中で、SFAはSUNを買収し、装着装置に対する競争力を備え、中国のGVOと中国のRoyalから第5.5世代の量産ライン用蒸着装置を受注することに成功している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月27日 09:12 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp