韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  最低賃金引き上げ、慎重な日本・無謀な韓国

最低賃金引き上げ、慎重な日本・無謀な韓国

日本政府が2018年年度の平均最低賃金を前年より3.1%(26円)引き上げ、1時間874円に決定した。2002年に現在の算定方式を導入して以降、最大の引き上げだというが、引き上げ幅は韓国ウォンに換算すると263ウォンだ。これは韓国の今年の引き上げ幅1060ウォン(約105円、16.4%)の4分の1程度に相当する。それでも日本の中央最低賃金審議会では激論が繰り広げられ、「産みの苦しみ」があった。25円なのか、それとも26円なのか、と1円の差をめぐり深夜まで10時間以上に達するマラソン会議が行われたという。経済への影響が大きい最低賃金に関する問題は、このように慎重に決定しなければならない。大統領が一言発すればそのまま付き従う韓国とは対照的だ。

読売新聞は「企業は負担増で悲鳴」という見出しを付けた。日本経済は今、30数年ぶりという好況を享受し、企業の経営実績は大きく好転している。企業は人手が足りずに求人難となっている。そういう日本企業でさえ人件費の負担が大きくなると心配している。日本でそうならば、韓国企業や中小企業経営者・自営業者らの衝撃は言うまでもない。 事実上、韓国の最低賃金は既に日本を上回っている。韓国の来年の最低賃金(8350ウォン=約825円)は日本の47都道府県中32道県よりも絶対金額そのものが高い。その上、韓国は日本を含むほとんどの国にない週休手当があり、これを合わせた実質最低賃金は1万30ウォン(約990円)に達する。これは、日本で最も高い東京(9949ウォン=約983円)よりも高い。これを正常だと考える人は多くないだろう。正常ではない経済措置を推し進めれば、必然的に副作用が伴う。多くの人々が目にしているように、経済的に厳しい人々はいっそう厳しさを感じている。

スポンサードリンク
韓国の最低賃金委員会は、名称こそ「委員会」だが、事実上は政府の意思を通過させる「通過委員会」だ。多くの国々が導入している業種別差別化案も否決した。「コンビニや小規模飲食店など負担能力が低い業種については最低賃金を相対的に低く策定しよう」という合理的な方策すらできないようにした。所得主導の成長実験をするために、このような無謀なことを強行している。
http://www.chosunonline.com/

安倍晋三首相は2月12日昼、経団連、経済同友会、日本商工会議所の経済3団体トップと首相官邸で会談し 「業績が改善している企業は報酬の引き上げを行うなどの取り組みをぜひ検討してもらいたい」と要請。「(経済に)明るい兆しが見えてきたが、頑張って働く人の所得増大の動きにつなげていくことができるかで本格的なデフレ脱却に向かっていく。それが実現できるかに安倍政権の経済政策の成否がかかっている」と訴えている。

いま、企業は何のために存在するのか問われている。企業は、資本と労働の働きによって新たな価値を生み出す場であり、企業が生産活動を通じて利益を上げ、労働者に十分な賃金を支払い、雇用を拡大し、国の財政を支えてこそ日本経済は成長することができる。目先の利益ばかりに目をとられて労働者の首を切り、賃金を引き下げ、下請け中小企業に納入単価の切り下げを強要するなどして利益を上げ、国内需要が縮小して売れなくなったら海外へ行くというのでは、“企業栄えて国滅ぶ”ことになる。

企業の成長戦略なくして、最低賃金上昇は本来無理となる。日本は中小企業雇用が7割の国であるから、中小企業の平均年収上昇までには時間がかかり、大手企業との格差は広がるばかりとなる。だが、パートシステムにより、支えられた中小企業製造業の内部留保金は莫大だ。大手企業ほどではないにしろ、成長戦略として特には投資実施をせざる負えない。営業人材や設備への投資で、企業成長が出来てこその最低陳儀上昇であるから、いま変革が求められる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月28日 09:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp