韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  新型トヨタ・クラウンが発売から1か月で月販目標の約7倍、約3万台を受注

新型トヨタ・クラウンが発売から1か月で月販目標の約7倍、約3万台を受注

15代目となる新型トヨタ・クラウンの発売1か月後の受注状況が発表されました。6月26日の発売から1カ月にあたる7月25日時点で約30,000台、月販目標(4,500台)の約7倍と、好調なスタートといえそうです。

もちろん、これには、発売前の予約受注も含まれています。購入の決め手を見ていくと、「伸びやかで流麗なサイドシルエットや、低重心でスポーティな外観デザイン」というように、まずはエクステリアデザインが評価されています。

走りも好評のようで、「正確でシャープなハンドリングと目線のぶれない走行安定性、上質な乗り心地」と新型クラウンの進化のポイントを支持。ほかにも、初代コネクティッドカーを謳う新型クラウンらしく、「LINEマイカーアカウント」、「オペレーターサービス」をはじめとしたコネクティッドサービスが好評とのこと。

さらに、安全面も評価されている点で、自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の「Toyota Safety Sense」をはじめとする先進の予防安全技術の搭載が挙げられています。

価格帯をおさらいすると、2.0L直噴ターボが4,606,200円~5,594,400円。2.5Lハイブリッドが4,978,800円~6,323,400円。3.5Lハイブリッドが6,237,000円~7,187,400円です。
http://news.livedoor.com/


新型クラウンは、車載通信機DCMを全車に標準搭載する初代コネクティッドカーとして登場。TNGAに基づくプラットフォームやパワーユニットの採用などで優れた走行性能を実現。また、第2世代型の予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」を全車に標準装備するなど安全性能も高めている。購入申込者は、流麗なサイドシルエットやスポーティな外観デザイン、優れたハンドリングや走行安定性、「LINEマイカーアカウント」などのコネクティッドサービス、先進の予防安全技術などを、新型クラウンのおもな好評点としてあげている。

TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)に基づく新FR(後輪駆動)プラットフォームを採用して刷新。デザインを一新した上、独ニュルブルクリンクで走行性能も磨き上げた。パワートレインは245PS、350Nmを発揮する2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンと、総合226PSの2.5リッター直列4気筒エンジンによるハイブリッド、総合359PSの3.5リッターV型6気筒エンジンによるハイブリッドの3種類。 力強さとエレガンスを両立したスポーティーセダンとしてエクステリアをデザイン。ロングノーズのFRプロポーションに伸びやかで流麗なサイドシルエットを与え、タイヤの張り出しの強調で低重心かつスポーティーな骨格を表現した。スポーツグレード「RS」は、LEDシーケンシャルターンランプや、専用18インチホイール、4本出しエキゾースト、リアスポイラーなどを装備している。

車載通信機を全車に標準搭載し、「T-Connect」サービスを3年間無料で提供。警告灯点灯時にコールセンターなどからアドバイスを受けたり、オイル量などメンテナンス状況についてスマートフォンで確認したり、LINEのトークを使ってナビの目的地を登録したり──といったことが行える。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月28日 09:43 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp