韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  東京五輪まであと2年、未来を描く日本

東京五輪まであと2年、未来を描く日本

毎朝出勤する時、地下鉄の駅を出てから通るビル内部の風景が最近変わった。飲食店が密集する地下1階のアーケードには「東京から感動を!」と書かれた大型広報が設置された。「2 years to go!」(五輪まであと2年)というスローガンと共に表彰台を連想させるデザインも床に描かれていた。1階ロビーでは手のひらサイズの万国旗を並べる作業も行われていた。スマートフォンを取り出してニッコリ笑い、同僚と自撮りする会社員たちが目につく。東京タワーと並んで有名な東京スカイツリーでは24日、五輪開幕までちょうどあと2年ということでカウントダウン・イベントが行われた。都内のあちこちでは東京五輪の記念グッズ店が続々とオープンしている。

日本政府と東京都がやっていることを見ると、すぐにも五輪が始まるかのような錯覚に陥る。先週、東京五輪各競技の入場料が発表された。外国人観光客のため、全国の新幹線に無料Wi-Fiを導入するという記事も出た。今年のように猛暑となる場合の対策も話し合われている。日本は大規模な国際スポーツ大会をしなくても、人々の暮らしには何の問題もない国だ。それでも五輪成功のために今から心配や焦りを感じているようだ。 日本は56年ぶりに自国の首都で開催される五輪を、新たな未来を切り開くキーワードだと考えている。「1964年東京五輪」の時は新幹線開通をはじめとするハードウェア改造に焦点を合わせ、先進国の仲間入りを果たした。「2020年東京五輪」では「JAPAN」ブランドをもう一段階躍進させ、将来に備える足がかりにしようというムードだ。


今月22日に発表された2020年東京五輪のマスコット「ミライトワ」にはそうした願いが込められている。ミライトワは「未来」と「永遠(とわ)」を意味する日本語の合成語で、「素晴らしい未来を永遠に」という気持ちから名付けられた。個人の多様性よりも日本特有の集団主義が感じられるが、希望に満ちた明日を願っている点では評価に値する。

2020年以降の未来を話題にしてひた走る日本を目にした直後に韓国のニュースを聞くと、タイムマシンに乗って過去にさかのぼったような気持ちになる。政権が変わってから日の出と日の入りが400回以上も繰り返されているのに、いまだに「積弊」(過去の政権による長年の弊害)関連ワードが現大統領府やその周辺で飛び交っていることについて、韓国に関心を持つ日本人たちは注目している。
http://news.livedoor.com/

次の大統領が誰になっても、こうした韓国の特性からは逃れられない。いざとなれば反日で人気を回復してきた韓国だが、そうしたことも問題の本質を避けて、安易に反日に走ればなんとかなるという風潮を助長してきた。しかも、朴槿恵前大統領はすでに任期前半で大半の反日カードを切ってしまったため、これから反日に動いても効果はほとんどない。現状反日記事はほとんど消えて、韓国からは中国観光客を超えるほどの旅行客が日本に押し寄せる。 

さらに言えば、北朝鮮と韓国が統一したら、これこそ悲劇しかもたらさない。かつて英国の植民地だった香港では、祖国中国への回帰こそがユートピアの道だとして、大多数がそうした考えを持っていが、いまでは、香港の住民で中国人意識を持っているのはせいぜい6%くらいしかない。 経済も政治も絶望的な韓国は、若者たちが使う「ヘル朝鮮」という言葉そのものの状態になっている。しかも今後、いっそうの落ち込みも予想されるだけに、韓国の悲劇的状況は止まりそうにない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月29日 09:25 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)
何時か見られた光景
 アメリカに擦り寄っては鼻持ちならない自惚れで自ら離れ、中国に擦り寄っては袖にされ、ロシアは漁夫の利狙いで、いよいよ四面楚歌の状況になってきました。

 何時か見られた光景で、彼の民族のこういう状況が日本にとって一番危険です。
 かつて、彼の民族のお涙頂戴の演技に騙されたお人好し日本は、ズブズブと泥沼に入り込んでしまった訳です。

 現政権には、日本国ならびに真っ当な日本国民が、二度と同じ目に合わないように宜しくお願いします。
[ 2018/07/29 10:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp