韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国で今夏の交通事故が急増…原因は猛暑

韓国で今夏の交通事故が急増…原因は猛暑

猛暑が続く韓国で、今年の交通事故が昨年より約8%増えていることが分かった。あまりに暑いため、ドライバーの集中力が散漫になって事故を引き起こしているというわけだ。サムスン交通安全文化研究所は、2016-18年の夏季(6-8月、今年は7月23日まで)にサムスン火災の自動車保険の加入者が起こした交通事故186万件を分析した結果「温度が1度上がるごとに交通事故が1.2%ずつ増えた」と29日発表した。

日中の最高気温が23度の日には、交通事故の件数が1日平均6958件だったのに対し、30度の日には7540件、36度の日は8077件に増加した。同研究所によると、スペインの環境関連の研究センターでも、気温が1度上がるごとに交通事故率が1.1%ずつ上がるとの分析結果を発表しているという。

今年の7月1-23日に発生した交通事故は19万3796件で、昨年の同じ期間(17万9665件)に比べ約8%増えた。今年7月に韓国で猛暑日(韓国では最高気温33度以上の日)となった日の全国平均日数は13日で、昨年(6.4日)の2倍以上となっている。 研究所は「猛暑によって睡眠や覚醒の調節機能が低下し、疲労感が強まる」として「このため交通状況に対する認知・判断能力が低下し、事故の危険が高まる」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/


一方北朝鮮では、高官が次々交通事故で死ぬという事態が起きている。幹部の事故死のうちのいくつかは、純然たる事故だった可能性もある。北朝鮮の道路の状態は劣悪で、プロの運転手であっても間違いは起こりうる。実際、今年4月にはバスの事故で中国人観光客32人が亡くなっている。

北朝鮮高官の交通事故が暗殺だったとしても、最高指導者が仕組んだ可能性は極めて低い。絶対権力を持つ金一族であれば、いつ何時でも法廷で死刑判決を下させ、大っぴらに処刑することができる。処刑するまでもない場合には、降格、国外追放、収監など、さまざまな手法を使って、いかようにでも粛清を加えることが可能だ。つまり、交通事故死を装った謀殺は、最高権力者以外のエリートの間で起きている権力闘争の結果と考えるのが自然だ。

高官の事故死は北朝鮮政治の暗黒面を映し出すものであり、真相が明らかになることは決してない。暗殺が含まれているのは間違いないが、その指令が文書として残されているとは考えにくい。暗殺にかかわった人物の中から事実を暴露しようとする人間が出てこないかぎり、秘密は永遠に保たれることになる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月30日 08:31 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp