韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の外食費、賃貸料・人件費が引き上げる

韓国の外食費、賃貸料・人件費が引き上げる

#ソウルで6年前からタクシーの運転手をしているハン・チャンドクさん(63)は最近、家で昼食を食べる日が増えた。ハンさんは「よく行っていた淑大前の運転手向け食堂が最近、食事代を1000ウォン(約100円)ずつ引き上げた。自宅の方向へ行く客を乗せれば、家に帰って食事をして出直す」とし「私たちのような庶民は1000ウォン上がっても大きな負担」と話した。

#パクさん(51)は美容室でカットした後、クレジットカードの決済金額を見て驚いた。1万8000ウォンだったカット費用が2万1000ウォンに上がったからだ。パクさんは「年初にも3000ウォン上がったが、7月1日にまた上がった。髪も家で切ろうかと思うほど」と語った。 外食・サービス業の料金が一斉に挙がっている。ガソリン・軽油価格は4週連続で上昇し、今年の最高値となった。韓国消費者院価格情報ポータル「チャムカギョク」によると、今年6月を基準にソウルの冷麺1杯の価格は8808ウォンと、前年同月(7962ウォン)に比べ10.6%上がった。同じ期間、ソウル市の平均美容費は1万5769ウォンから1000ウォン上がった。また、韓国石油公社の価格情報サービスによると、今月第4週のガソリン販売価格は前週比0.7ウォン上がった1612.2ウォンだった。

自営業者は価格を上げるしかない状況という立場だ。ソウル新林洞で軽食店を運営するシン・ヨンスさん(39)は今月に入って24のメニューのうち7つの価格を500ウォンずつ上げた。シンさんは「主力メニューの温麺は2500ウォンのままだが、いくつかのメニューを500ウォンずつ値上げした」とし「こうしなければ人件費をカバーできない」と話した。 淑大前のタクシー運転手向け食堂の経営者は「先月、5000ウォンだったキムチチゲ、スンドゥブッチゲを1000ウォン引き上げた。10年ぶりの値上げで、限界だった」と語った。

スポンサードリンク
理髪店「ブルークラブ」明洞(ミョンドン)店のハン・テソク店長は「今月から8000ウォンだったカット料金を9000ウォンに引き上げた。ソウル・京畿(キョンギ)の一部の店が料金を上げた」とし「人件費と賃貸料があまりにも大きく上がり、1000ウォン上げても収入が増えるわけではない」と話した。 夏が過ぎれば値上げに踏み切るという店も多い。ソウル北倉洞(プクチャンドン)のある刺し身店は秋夕(チュソク、中秋)後に各メニューを1000ウォンずつ引き上げる計画だ。この店の関係者は「値上げすれば客の冷たい視線を浴びるだろうが、食材料費など物価が上がっているのでどうしようもない」とし「周辺の店もすべてタイミングを眺めているところ」と話した。
http://japanese.joins.com/

中央日報は、韓国銀行は29日、政府が事実上管理している電気・水道・ガス料金などを除く物価上昇率が、今年第2四半期は2.2%だったと明らかにした。これに先立ち発表した同時期の消費者物価上昇率は1.5%だった。このような数値とは裏腹に、国民は急騰する物価に悲鳴を上げている都指摘する。また原油価格の上昇も物価を引き上げている。最低賃金引き上げもサービス業などの物価を動揺させている。物価上昇は景気回復を邪魔するもう一つの悪材料だ。

物価が上昇すれば懐事情が厳しくなった家計は財布の紐を締めるようになり、消費不振に帰結すると嘆く。この状況が続けば、所得向上による内需拡大という政府の経済目標は夢に終わる。零細企業は、人件費高騰分を物価上昇で対応せざる負えない。挙句に韓国経済低迷は、消費低迷と物価上昇が後押しし、政府の所得主導成長政策は失敗に終わる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月30日 15:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp