韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  今年27件目の「BMW炎上」、なぜ韓国ばかり頻発?

今年27件目の「BMW炎上」、なぜ韓国ばかり頻発?

30日正午ごろ、仁川・金浦高速道路のトンネル内で、走行中のBMW車両が炎上した。車は全焼したが、ドライバーと同乗者の計3人は避難して無事だった。今年に入り、韓国国内でのBMWの火災は韓国国土交通部(省に相当)によると27件に上っている。

BMWは3・5・7シリーズなど10万台のリコールを決定し、事前緊急安全点検などを実施中だ。しかし、問題のない車両で火災が発生する原因は依然として究明されていない。 BMWは「排気ガスの再循環装置(EGR)モジュールの異常と推定される」と説明した。原因を調査している国土交通部は「EGRに問題が発生し、高温の排気ガスが冷却されない状態で車体の内部に流入したことが事故原因とみられる」と説明した。エンジンに流入した高温の排気ガスによってエンジンに穴が開き、エンジンカバーなどが発火して火災が発生したとの見方だ。 EGRはディーゼル車の有害な排出ガスを削減する装置だ。エンジンで発生した高温の排気ガスを、すぐに外に排出するのではなく、吸気管に吸い込ませて浄化する。EGRのバルブが高速で開閉することで排気ガスを吸気管に送り込み、その過程で冷却装置が排気ガスの温度を下げる。

こうした一連の過程で問題が発生したとみられるが、部品の不良なのか、設計の欠陥なのか、作動方式に問題があるのか、いまだに原因が特定できていない。 専門家らの見方もさまざまだ。烏山大自動車学科のムン・ハクフン教授は「最も疑われるのはEGRバルブの異常」だとして「EGRのバルブが閉じる際に完全に閉じず、高温の排気ガスが冷めずに吸気管に流入し続けたことで、火災が発生した可能性がある」と指摘した。

スポンサードリンク
大林大自動車学科のキム・ピルス教授は、EGRのバルブではなく、バルブを作動させるシステムに問題がある可能性を指摘した。キム教授は「BMWのEGRの冷却水はほかの車の平均量の半分にすぎず、限界値ぎりぎりに設計されている」として「猛暑が続き過剰な負荷がかかったのだろう」と分析した。キム教授はまた「燃費と排出ガス規制の問題を同時に解決しようとしたため、EGRの設計に無理な点があったのではないか」とも指摘した。

BMWは問題のEGRモジュールについて、全世界共通だと説明しているが、韓国でだけ火災が頻発している点も疑問だ。ある自動車業界の専門家は「韓国は渋滞が激しいことに加え、猛暑が続いていることも関係があるのではないか」として「繰り返し渋滞すると、地熱などによって過熱した排気ガスが冷めにくくなる」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/

BMWコリア側が出火原因の分析を終え、EGRモジュール、排気ガス循環装置の欠陥が原因だったとした。ディーゼルエンジンは汚染物質を多く含む排気ガスを排出する。この汚染物質を減らすEGRモジュールの一部に問題が発生し、火災を招いたという。この8カ月間に20台以上のBMW車で出火事故があった。うち半分以上が中型車BMW520dで発生した。このモデルは中型車のうち韓国で最もよく売れた。その間、BMW側は「車が燃えてしまって原因を確認できず補償できない」という立場を示し、世論の批判を浴びていた。ただ、BMW側はKBS(韓国放送公社)側に「すでに保険金を受けた被害者は対象から除外する」と明らかにしている。とはいえ、何で韓国でBMW、「火災」が多発するのか、疑問が残る。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月31日 08:49 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp