韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  また釜山でMERS患者か…サウジアラビアから帰国の女性を隔離

また釜山でMERS患者か…サウジアラビアから帰国の女性を隔離

最近サウジアラビアから帰国した20代の釜山(プサン)地域の女性が中東呼吸器症候群(MERS)に感染した疑いがあり、保健当局が精密調査をしている。

釜山市は、29日午後に国家指定隔離病床がある釜山A病院に行ったB(25、女性)にMERS感染の疑いがあり隔離措置が取られたと30日、明らかにした。

市の関係者によると、今年2月にサウジアラビアに出国したBは現地の病院で勤務し、今月26日に入国した。Bは帰国2日後の28日からのどが痛くなり、29日晩から寒気がして病院に行ったという。

釜山市は「感染が疑われる患者は医療関係者で、症状の発生後は外出を自制し、密接接触者は家族3人だけ」とし「2回の検査で感染したかどうかを判断し、決定が出るまで、モニタリング実施など事態を注視している」と伝えた。

MERSは2015年に韓国国内で186人の感染が確認され、38人が死亡した呼吸器感染病。
http://news.livedoor.com/

スポンサードリンク
2015年韓国で感染が拡大したMERS(中東呼吸器症候群)は、感染者を厳密に隔離できなかった保健当局の対応に問題があったとしている。6月4日に陽性反応を受けた患者35人は、最初に感染した60代の男性が、感染に気付かず入院したり、治療を受けたりした3カ所の病院で、感染が拡大した。男性が韓国で初のMERS患者として陽性判定を受けたのは、病院で治療を受けた3日後だ。14番目と陽性判定が出た男性と、16番目に陽性判定が出た40歳の男性は、さらに別の医療機関計3カ所で治療を受け、そこで接触した計6人が感染した。また、3番目の患者の息子が、見舞ったあとに出国し、中国で陽性判定を受けている。この男性が乗った飛行機は、機体を消毒しないまま仁川や名古屋などを往復していた。

今回、MERSと認定されれば、また拡大するのではないか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月31日 09:05 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp