韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  スマホ不振のサムスン電子減収減益、際立つ半導体依存

スマホ不振のサムスン電子減収減益、際立つ半導体依存

サムスン電子は7月31日、今年4-6月期の売上高が前期比3%減の58兆4000億ウォン(約5兆8600億円)、営業利益が5%減の14兆8700億ウォンだったと発表した。2017年4-6月期以降4半期連続の過去最高業績更新がストップした。サムスン電子は主力スマートフォン「ギャラクシーS9」の販売台数が予想を下回り、スマートフォン事業の業績は大幅に低下した。ディスプレーも中国製の安価な液晶パネルが大量に流入し、営業利益が縮小した。半導体事業は過去最高となる11兆6000億ウォンの営業利益を上げ、業績を下支えしたが、営業利益の78%を半導体に依存する形となった。

スマートフォン事業を担当する無線事業部は4-6月期の売上高が24兆ウォン、営業利益が2兆6700億ウォンだった。1年前と比較すると、売上高は20%、営業利益は34%減少した。3月中旬に発売されたギャラクシーS9が前作と大差ないと不評で、アップル、華為(ファーウェイ)、小米(シャオミ)などとの競争でも押され気味となり、業績が伸び悩んだ。このままではギャラクシーS9の通年販売台数が当初目標の4500万台に大きく届かない3000万台以下にとどまるとの見方も聞かれる。サムスン電子は投資家との電話会議で、8月9日に米ニューヨークで発表予定の「ギャラクシーノート9」に全力を集中し、業績をてこ入れすると説明した。


サムスン電子無線事業部のイ・ギョンテ常務は「ノート9を合理的な価格で投入し、全世界の営業・マーケティングの力を結集させ、販促に取り組みたい。ノート8より販売台数が伸びると予想している」と語った。例年よりも発売時期を早めたノート9は、ノート8よりもメモリ容量を2倍の128ギガバイトに増やしたが、価格は100万ウォン台後半だったノート8と同水準かやや割安に設定されるもようだ。サムスン電子は新技術の採用に保守的だったこれまでの戦略を改め、フォールダブル(折り畳み可能)、5Gなど最新技術を採用した製品を先行して投入する中長期戦略も明らかにした。
http://www.chosunonline.com/

サムスンは、スマートフォンやサーバーなどに使われる半導体の売り上げが好調だった。新型のスマートフォン「ギャラクシー・S9」や液晶パネルなどの販売が不振だった。売り上げが60兆ウォンを下回ったのは去年の第1四半期以来となる。半導体への依存は中国企業の台頭が進む中でリスクが高い。中国市場でのシェアは限りなくゼロである。インド市場でもアップルが原価版を生産し、中国スマホがシェアを拡大する。次第に台数シェア一位のサムスンも、低価格スマホでさえ、シェアを落とすことになる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月01日 10:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp