韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  世界経済活況なのに韓国だけ不振…2008年の金融危機当時より悪い

世界経済活況なのに韓国だけ不振…2008年の金融危機当時より悪い

韓国の相当数の景気指標は2008年の米国発金融危機当時の水準、またはそれ以上に悪化した。10年前の危機は外から訪れたが、今回は先進国をはじめとする世界経済が活況を見せているという点でさらに大きな危機感を抱かせていると指摘される。

韓国の経済成長率は金融危機が起きた2008年10-12月期にマイナス3.3%と真っ逆さまに落ちた。その後2009年1-3月期が0.1%、4-6月期が1.5%、7-9月期が2.8%を記録し回復傾向に転じた。しかし昨年10-12月期にはマイナス0.2%で9年ぶりにマイナス成長を記録した。今年1-3月期は1.0%の成長に戻ったが、4-6月期は再び0.7%と0%台に落ちた。 失業率は金融危機当時よりさらに悪化した。失業率は2008年に3.2%、2009年に3.6%だったが、今年6月基準では3.7%まで上がった。15~29歳の青年失業率はさらに深刻だ。2008年に7.1%、2009年に8.0%だった青年失業率は今年6月には9.0%まで上昇した。

すべての指標が悪くなったのではない。外貨準備高は増えた。2008年6月に2581億ドル規模だった外貨準備高は危機対応により2009年6月には2317億ドルまで減ったが、その後は増え続け今年6月には4003億ドルを記録した。


しかし多くの専門家は外部衝撃より内部的要因で景気が急降下しているという点を深刻に見ている。統計庁の景気循環時計(上昇→鈍化→下降→回復)を見ると2009年5月には主要10指標のうち就業者数を除いた9指標が回復または上昇局面にあった。これとは反対に今年5月基準では鉱工業生産を除いた9指標が鈍化または下降局面にある。

それでも韓国政府は継続して「経済に問題はない」としていたが、7月に入り今年の経済成長率目標値を3.0%から2.9%に下方修正した。国民経済諮問会議のキム・グァンドゥ副議長は最近フェイスブックに「火事が起こってから火を消そうとするのは愚かだ。経済政策は事後の処方より構造と流れを分析し事前に対応することが常識」と指摘した。
http://japanese.joins.com/

製造業の常時雇用が3四半期連続で減少し、鉱工業の半数以上で生産減少が5カ月続いた。韓国統計庁の資料では、今年1-3月期の50代の失業者は約16万人で、1999年の統計開始以降、1-3月期としては最悪だ。 朝鮮日報は、米国は失業率が完全雇用レベルにまで低下し、景気過熱まで懸念され、利上げで資金供給を締め付け始めたとし、日本は1990年代初め以降、好調な雇用が続いており、ユーロ圏も予想を超える成長を示しているとした。 経済成長の60%以上を輸出に依存する韓国にとっては有利な外部環境だが、それでも景気が回復しないのは、韓国内部に問題があると報じている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月01日 10:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
黒字倒産モード
いろいろ増税やって、国債も出して、国庫には
資金がたっぷりあるから、下層の貧困化には
興味がなさそうだ。先の読みもない。
[ 2018/08/01 11:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp