韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「暑すぎてビールも飲みたくない」…ビールの売上下落する“異変”

「暑すぎてビールも飲みたくない」…ビールの売上下落する“異変”

111年ぶりと言われる猛暑が続く中、「冷たいビール一杯」を叫ぶ人たちが多い。ならば、実際のビールはよく売れているのだろうか。意外にも、むしろ下落したことが分かった。暑すぎてアルコール飲料を飲むことが負担になっているという分析だ。冷たいビールになかなか手が伸びないほど暑かったということだ。 1日、大手スーパー業界1位のイーマートが、猛暑が続いた先月13日から30日までの売上を調査した結果によると、ビールの売上が昨年同期に比べ3%下落したことが分かった。夏の特需を享受してきたビール業界に異変が起きたわけだ。

イーマートは「アルコール」を原因と見ている。ビールに含まれるアルコールが、猛暑の中では体に負担となるため、消費者が飲むのを控えているということだ。イーマートの関係者は「ある程度暑い時期はビールの売上が伸びるが、この夏は気象異変レベルの暑さであり、消費者たちがアルコール飲料を避けているとみられる」と話した。実際、焼酎の売上も-2.4%に下落した。代わりに、炭酸飲料(26.5%)やミネラルウォーター(10.3%)、すいか(40.1%)は売り上げを伸ばした。

ビールの売上が低迷しているのは、大型マートだけのことではない。コンビニでもビールの売上が上がらず、頭を抱えている。コンビニ業界関係者は「この時期にビールの売上が伸びなければならないのに、あまり上昇せず、頭を悩ませている。暑すぎてコンビニに来ることさえ億劫になっているようだ」と話した。酒類業界の関係者は「暑さの中、ビール売上増大を期待していたが、予想を下回ってがっかりしている雰囲気」だと話した。


袋麺の売上も5.7%下がった。一方、カップラーメンは7.2%増えた。暑さのため、消費者たちが袋麺を調理することさえ避けているものとみられる。家庭で火を使って調理すること自体が負担になる気温であるため、(カップ麺やレトルト、冷凍食品などの)簡易食は15.7%も売り上げが伸びた。 エアコンや扇風機を買う人も増えた。エアコンは、今購入しても設置まで1週間以上待たなければならない状況だが、88.6%も売上が上昇しており、扇風機も(前年度より)64.7%も多く売れた。

暑さによる打撃がもっとも大きいのはスポーツ用品だ。野外活動が不可能な天候のため、自転車(-35%)や登山(-17%)、キャンプ(-14%)用品の売上げが急減した。これに比べ、水遊び用のウォータースポーツ用品は売り上げが82%も急上昇した。
http://japan.hani.co.kr/

住宅の二階だとエアコンは午後から効かないほど日本は熱い。 一方、韓国も熱い様だ。最高温度が41度地域もあるとの事。しかし日本のビールが最も輸出されているのは、お隣・韓国だ。韓国のコンビニでの輸入ビールの売上ランキングでは、日本のビールがトップを飾っている。国税庁によると、2017年のビール輸出額は128億円で、前年比で35.7%成長した。国別では韓国が最も多く、80億円(全体の63%)程度のビールが輸出されている。

一方、中央日報は韓国のコンビニエンスストア(CU、GS25、セブンイレブン)での輸入ビールの販売量を調べた。最も売れているのが「アサヒ スーパードライ」(500ml缶)。他に「キリン」「サッポロ」が10位以内に入っている。「アサヒ スーパードライ」は、中国の青島ビール、オランダのハイネケンと並び、韓国での輸入ビール3強と呼ばれている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月02日 08:53 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp