韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子が後退する間に…ファーウェイ、スマホ販売40%増やす

サムスン電子が後退する間に…ファーウェイ、スマホ販売40%増やす

世界のスマートフォン市場は3四半期連続で減少傾向だ。市場調査会社ストラテジーアナリティクスによると、4-6月期の世界のスマートフォン出荷量は3億5040万台で前年同期より2.8%減った。 問題は上位5社のうち販売台数とシェアが減った企業は1位のサムスン電子しかない点だ。アップルはシェア3位に押し出されたがプレミアム戦略が成功を収め過去最高の実績を収めた。2011年から続いたサムスン対アップルの構図を初めて破ったファーウェイだけでなく、シャオミ、オッポなど他の中国企業もシェアを大幅に拡大した。スマートフォン市場の危機ではなくサムスン電子の危機という話が出てくる理由だ。

サムスン電子のシェアは20.4%で昨年4-6月期の22.1%から1.7ポイント減った。2013年に32.3%でピークに達してから下落傾向を免れなくなっている。代わりに中国企業がサムスン電子の空席を埋めている。ファーウェイの15.5%、シャオミの9.1%、オッポの8.6%のシェアを合わせると33.2%で、サムスン電子のシェアを大きく上回る。 販売台数も7150万台で昨年4-6月期の7950万台から8.9%減った。2016年7-9月期以降で最低の販売台数だ。上半期は戦略スマートフォンであるギャラクシーS9がアップルのiPhoneXに押され不振から抜け出せず、

スポンサードリンク
インドではシャオミと1位をめぐり激戦を行っている。スマートフォン最大市場である中国ではファーウェイ、オッポ、ビボなど現地企業に押されて1-3月期基準で1.3%のシェアにとどまった。サムスン電子は2013年だけでも中国で19.7%のシェアで1位だった。これに対しファーウェイは昨年4-6月期の3840万台から今年は5420万台に1年間で販売台数が41.1%増えた。市場調査会社IHSマーケットは「サムスン電子がファーウェイ、シャオミの挑戦に直面した。両社が欧州とアジア市場でサムスン電子のシェアを奪っている」と評価した。

サムスン電子は9日に米ニューヨークで発表し24日に発売予定の下半期の戦略スマートフォン「ギャラクシーノート9」に期待をかけている。Sペンにブルートゥース機能を搭載してゲームなどに活用するなど差別化ポイントを盛り込んだという。サムスン電子は先月31日に4-6月期の業績を発表し、「ギャラクシーノート9を合理的な価格で発売し、Jシリーズ、Aシリーズのような中低価格製品にも最新技術を適用して価格競争力を高める」と説明した。業界ではサムスン電子が早ければ年内にフォルダブルスマートフォンを発表して来年初めに発売するなど新技術競争に積極的に取り組むとみている。
http://japanese.joins.com/

アップルはファーウェイに2位を明け渡したが、4-6月期としては過去最高の業績を出した。「夢の時価総額」と呼ばれる1兆ドルも近く突破するとしている。 アップルは4-6月期に売り上げ533億ドル、純利益115億ドル、1株当たり純利益(EPS)2.34ドルを記録した。EPSは前年同期の1.67ドルより40.1%上がった。売り上げも17%増えた。販管費が低い分、世界のスマホ利益の大半はアップルとなる。原価版をインドで生産していることでさらにシェアを伸ばすだろう。中国企業は低価格でも性能は高いわけで、今後まだまだ伸びるのではないか。ともに通販や様々なサービスと連携している強みがある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月02日 09:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp