韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「燃える車」汚名のBMW、今度はミニクーパーで火災

「燃える車」汚名のBMW、今度はミニクーパーで火災

BMWグループコリア傘下ブランド「BMWミニ」の自動車で火災が発生していたことが最近、明らかになった。韓国国内でBMWブランドのディーゼル車に火災が発生した事例は多いが、BMWブランドのガソリン車で火災が発生したことが伝えられたのは今回が初めて。BMWグループコリアがBMW5シリーズなど主要車種欠陥調査を進行中という状況で確認された。

ソウル江南(カンナム)消防署永東119安全センターによると、先月4日午後2時ごろ、ソウル江南区狎鴎亭洞(アプクジョンドン)島山大路交差点付近を走るBMWミニの自動車で火災が発生した。当時、島山公園交差点から乙支(ウルチ)病院交差点方向に走行していた赤のミニから煙が上がった。江南消防署側は「消防車が現場に到着した時、車がかなり燃えていて、すぐに鎮火した」とし「人命被害はなかった」と説明した。

江南消防署火災現場調査書によると、この車はBMWのディーラー、ドイツモータース江南(カンナム)展示場が所有する法人の車両。現場調査書には「ミニクーパーのバッテリーとエンジン部が発火した」と記録されている。火災の原因についてBMWグループコリアは「車が全損し、火災の原因は分からない状況」とし「この車は顧客試乗用として運行していた車」と話した。 現在リコール中のBMW車との関連についてBMWグループコリアは「構造的に完全に違う車であり、BMW火災事件とは関係ない」と主張した。


これでBMWグループコリアの車両火災は計29件となった。2日午前11時47分にも江原道嶺東(ヨンドン)高速道路江陵(カンヌン)方面104キロ地点でBMW520d乗用車のエンジンルームで火災が発生した。 一方、BMWグループコリアは先月26日、42車種・10万6317台をリコールした。現在、該当車種を対象に緊急安全診断を実施中であり、今月中旬から部品交換を本格的に進める予定だ。
http://japanese.joins.com/

ランボルギーニが路上で炎上しているニュースは毎年聞きますし、ランボルギーニのライバルであるフェラーリも炎上事故が報道される。だが車の炎上事故はなにもランボルギーニだけに起こるわけではない。トヨタや日産などの国産車やほかの海外メーカーの車でも毎年炎上事故は起きている。ランボルギーニなどが話題になるのは、「値段の高い高級車が燃えた」というニュース的な部分で、炎上事故はどの車でも起こりうる事故と言えそうだ。

車の設計上はこれらの可燃物が漏れないように開発されており年々安全性は高まっているとはいえ、工業製品に100%はないので漏れによる車両火災の可能性は否定できない。特にオイル漏れはエンジンが古くなればなるほど起こる頻度は上がってゆき、どんな車のエンジンでもオイル漏れは少なからずある。エンジンオイルはエンジンの排気管などの高温部にかかった際にはさすがに発火してしまうので、オイル漏れの部位が排気管の近くの場合には炎上の可能性が出てくる。ましてスーパーカーとなると温度は尋常ではないだろう。

さらに韓国が熱いといっても日本ほどではない。韓国のスピードだしと停滞の繰り返し、これらが異常に多いと確率が上昇する。そこに整備不良が重なれば、確率ははるかに高まるだろう。要因は複数ある。韓国だけに発生するのは、韓国人の車の使い方や点検整備の不徹底などなどもあるのだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月02日 16:23 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp