韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ソニーのスマホ事業が大苦戦。しかしイメージセンサーは好調

ソニーのスマホ事業が大苦戦。しかしイメージセンサーは好調

丸くなったからか…? 丸くなったからなのかーーーッ!? ソニーは2018年度の第1四半期連結業績を発表しました。いろいろと伸びたり凹んだりしているのですが、ふとモバイル・コミュニケーション分野をチェックしてみたら、前年同期比で-144億円という大幅損益悪化。つまり、Xperiaが伸び悩んでいます。

売上台数でいうと、前年同期比で340万台から200万台の4割減。一方で、スマホに関わるイメージセンサーは、引き続き順風なんですよね。技術はいいんだけどモノが売れていないのか…と思うと、胸を切なさが締め付けてきます。Xperia、パフォーマンスも高くて気持ちいいし、カメラも本当にキレイだし、画面も素晴らしいし、使い勝手もいい。ガジェット的な角度で見れば、どこでも活躍できてモテる高い主人公キャラクターみたいな感じ。死角なくていい端末だと思うんだけどね。

ひょっとして、Xperia XZ2から若干の丸みを帯びたデザインに変わって主人公オーラが減っちゃったからでしょうかね? モノリスチックで、ソリッドなデザインもかっこいいけど、これはこれで可愛らしいと思うので、Xperiaには引き続き頑張って欲しいな。 Xperia XZ2 Premiumとか、本当に高性能でガジェット大好き所持欲を気持ちよく満たしてくれると思うんだ!
http://news.livedoor.com/

スポンサードリンク
ソニーモバイルの新型スマートフォン「Xperia XZ2 XZ2 Compact」も発表された。その写真を見たとき「Xperiaの乗り換えはねぇな」 デザインは、好みなんでしょうけど、台湾、中国メーカーと同じで、最上位機種で言えば、完全な周回遅れと言う意見が多かった。Xperia XZ2 XZ2 Compactの写真を見た時に、中国、台湾系の低中価格機種? これって HTCの端末そっくり。

いまや auからHTCが出ているわけですから、次の機種変更にXperiaは、外れそう今の筐体で上下のベゼルを薄くしてカメラを2眼+手ぶれ補正で良いのに…。 デザインは個人の好みなので様々な意見がある。Sony Mobileとしては、一般受けを狙ったと思うが、没個性になってしまった。そうなるとコストパフォーマンスでASUSやHuawei,HTCに負ける。如何せん重すぎる。店頭で実際に持って他のスマートフォンと比べるとよくわかる。

今回発表されたXperiaの新機能で「4K HDR動画対応」、スマートフォンの端末で4K動画と言われても、そんなの必要? 映画でも撮るんでしょうか? SDカードがいくらあっても足りなくなる。そんな意見が多数出てきた。売れなければ仕方ないわけで、それにしても、ソニーのスマホ苦悩は長きにわたる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月02日 18:46 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
あれはリファレンス
ソニーは通期業績予想を 5000億円に上方修正。
苦戦のスマホはカメラ(センサー)のリファレンスデザイン
というポジションのようで、
[ 2018/08/02 19:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp