韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ビール販売は低調だけど、アサヒが上期売上高で初の1兆円超え

ビール販売は低調だけど、アサヒが上期売上高で初の1兆円超え

アサヒグループホールディングスが2日発表した2018年1―6月期連結決算(国際会計基準)は売上収益が上期で初の1兆円超えになるなど収益を伸ばした。

国内のビール類事業は市場の低迷により前年同期比でマイナスだったが、国際事業で欧州事業が期初計画を200億円以上上回り、全体をけん引。18年12月期で2年連続となる売上収益2兆円超えを見込む。

国内の酒類事業はビール類の販売が改正酒税法や価格改定の影響で厳しく、売上収益が前年同期比4・4%減の4206億円と低調。 

一方、国際事業で中東欧のビール事業の新規連結効果に加え、欧州事業全体でプレミアムビールが伸長。売上収益は同33・5%増の3513億円となり、グループ全体の利益を押し上げた。

18年12月期の見通しは営業利益を当初予想比40億円増の2040億円に上方修正。酒類事業の見通しが下振れするが、国際事業の伸びでカバーできるとみている。
http://news.livedoor.com/

スポンサードリンク
ビール類の販売数量が減少したことなどにより酒類の売上高が4.3%減の1,803億円となるなど国内市場で苦戦しているものの、海外市場を担う国際事業の売上高が82.2%増の1,590億円となり、また、同事業の本業の儲けを示す事業利益が5.5倍になるなど大幅な増収増益だったことが寄与し、全体の収益を押し上げた。ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)から東欧5カ国のビール事業を買収し、昨年4月から連結対象に加わったことが増収増益の要因となった。

またアサヒは近年、海外での販売が好調で、韓国では傘下のアサヒビールの主力製品「スーパードライ」が人気と。順調にシェアを拡大している。11年に韓国の輸入ビール市場で販売量がシェア28.3%となり、年間で初めて首位に立った。。それ以降、16年まで6年連続でトップシェアを獲得している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月03日 09:26 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp