韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  工作機械産業、日米は好況…韓国は低迷

工作機械産業、日米は好況…韓国は低迷

韓国は、6月の工作機械の受注が増加したが、生産、輸出、輸入がいずれも減少したことが分かった。受注増加も一企業が大量発注した一回だけの物量のためだった。投資と景気の先行指標となる工作機械産業の低迷が続いているという分析だ。一方、製造業が好況となっている日本、米国、台湾などでは工作機械の受注と輸出が大きく増加して韓国と対照的だった。

韓国工作機械産業協会がまとめた「上半期工作機械市場動向」によれば、今年1~6月工作機械の受注額は1兆5347億ウォン(約1518憶7982万円)だ。海外受注が8028億ウォンで前年同期より35.2%増えたが、内需受注は7319億ウォンで10.3%減少した。海外で注文する工作機械が増え、国内で注文する工作機械の注文額が減ったという意味だ。 6月に限れば、工作機械の生産と輸出がいずれも減少した。6月工作機械の生産は2272億ウォンで前年同月より1.7%減った。輸出も7.8%減少した2億2000万ドル(約245憶8000万円)にとどまった。工作機械の輸入は37.0%急減した。内需需要の萎縮と自動車産業の低迷などの余波だと協会は分析した。

受注は25.0%増加した2862億ウォンとなっている。これも特定企業が工作機械をプロジェクトとして大量発注したことに伴ったものだと業界は分析している。「一回だけの投資を除けば、市場はずっと萎縮している」と協会側は説明した。


一方、海外工作機械市場は製造業の復活と共に好況を享受している。日本と台湾は工作機械の受注と輸出が増えた。日本の5月工作機械の受注額は1492億円で前年同期より14.9%増加した。6月にも11%台の増加率を記録したことが分かった。台湾の6月工作機械輸出は前年同月より29.1%増えた3億4000万ドルに達した。類を見ない好況を享受している米国は、5月の工作機械受注額が4億8500万ドルで前年同期より38.0%急増した。協会関係者は「米国と欧州などは製造業の投資増加で受注が増加している」とし「工作機械市場で内需受注が減れば、製造業の沈滞はさらに深刻化するだろう」と見通した。
http://japanese.joins.com/

世界の切削型工作機械生産高は、リーマン・ショックによる減退局面を経て、中国を中心とした新興国の成長を背景に増加し、2011年にピーク(約700億ドル)を記録している。その後、停滞局面が続いているのは世界第1位で生産高の約4分の1を占める中国の減少がお菊影響している。中国製品は自国向けが中心だが12年以降の金融引き締めにより、自動車産業や電気機械、精密機械の受託製造を行う電子機器製造受託サービス(EMS)などで設備投資意欲が減退した。

日本の生産高は中国に次ぐ世界第2位となっている。ドイツがこれに続く。日本は1980年代前半以降、2009年まで世界首位を維持していたが、リーマン・ショック直後に、主要顧客である先進諸国の設備投資意欲が後退した影響を受けて大きく減少し、首位の座を中国に明け渡した。一方、主要な輸出国は日本とドイツである。近年はこの両国で世界輸出総額の4割を超える水準が続く。両国とも中位―高位機種を中心とした輸出が大きな割合を占めている。韓国・台湾も地場メーカーの技術蓄積などにより輸出を増やしている。中国は世界生産額に占める割合と比べると輸出額のプレゼンスは低い。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月03日 17:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
増産か、生産調整か
韓国統計庁 2018年5月
半導体、自動車、金属、金属加工、すべての分野で在庫増加。

半導体はまだいけると見るむきもあるが、NANDフラッシュは供給が
需要に追いついて、この先、四半期ごとに10%ずつ値下がりすると
予測されている。

在庫積み増しをやめるだろうか。それとも勝負時とみて、
価格競争を仕掛けてくるのだろうか。中米ともに手詰まりで、
売り先がないだろう。
昔と違うのは、米国にはトランプというウルサ型がいる。
[ 2018/08/03 22:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp