韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  Huawei、2019年終わりにもにスマホ出荷台数1位に?

Huawei、2019年終わりにもにスマホ出荷台数1位に?

中国ベンダーHuaweiは3日、2018年上半期に9,500万台のスマホを出荷したと発表しました。このまま成長が続けば、現在出荷台数2位のHuaweiが2019年第4四半期(10-12月)にもSamsungを追い抜き、1位となる可能性が浮上しています。

調査会社 International Data Corporation(IDC)の報告によれば、2018年第2四半期(4-6月)の世界スマートフォン出荷台数において、中国ベンダーHuaweiがAppleを抜いて世界2位に上り出たことがわかりました。P20や、トリプルカメラ搭載のP20 Proの高需要が市場シェア拡大に貢献しているとの分析もありますが、Strategy Analyticsによると、Nova 2SやNova 3e(P20 Lite)といった中堅モデルがアジアやヨーロッパで広く受け入れられていることも大きいとのことです。

Huaweiの役員は3日、2018年上半期に9,500万台のスマホを出荷したことを明らかにし、早ければ2019年第4四半期にもスマホの出荷台数世界一になる可能性を示唆しました。Huaweiの2018年通年のスマホ出荷台数は2億台を超える見込みであり、2017年の1億5,300万台から31%増となる計算になります。 「我々が世界2位になったことは間違いない。来年の第4四半期には1位になれる」と、Huaweiの販売ビジネスグループの最高経営責任者(CEO)のリチャート・ユー氏はコメントしています。

スポンサードリンク
Huaweiのスマホは米軍基地内の携帯ショップで販売が禁止されるなど、アメリカやオーストラリアなどの国々から制裁を受けていますが、Huaweiは懸念されているような中国政府によるスパイ行為はいっさい行われていないと主張しています。スマホだけでなく、Huaweiのウェアラブルも大きな成長を見せており、2018年上半期の出荷台数は、前年同期比で147%増となったことがわかっています。Huaweiは今年の終わりまでにすでに存在する53,000カ所の店舗に加えて、新たに10,000カ所の小売店の設置を計画しています。
http://news.livedoor.com/

アメリカの市場調査会社IDCが発表した、2018年第2四半期(4~6月期)における、世界のスマートフォン出荷台数シェアレポートとなる「IDC Worldwide Quarterly Mobile Smartphone Tracker」によると、7150万台のスマホを同時期に出荷したSamsung(サムスン)が、堂々の首位をキープ。もっとも世界で売れているスマートフォンは、Galaxyシリーズである。しかし、第2位には、前年同期比40.9%増を記録したHuaweiが、5420万台を出荷してランクイン。第3位のAppleに、実に1300万台近い差をつけて、世界で2番目に売れているスマートフォンブランドの地位を築き上げている。

今回の調査レポートで注目すべきは、Huaweiの急スピードでの成長ぶりにある。米国市場で、中国メーカーを締め出す流れが強まるなかでも、まったく失速すらしていない今回の出荷台数の増加率には、まさに目をみはるものがある。逆にトップのSamsungは、前年同期比で10.4%減となっており、一気にHuaweiが差を詰めてきている。iPhoneの出荷台数も、前年同期比では0.7%増にとどまっており、第4位以降の中国メーカーが猛追している構図だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月04日 09:39 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp