韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国がEUのビール輸出4大市場に…昨年は1億7500リットル輸入

韓国がEUのビール輸出4大市場に…昨年は1億7500リットル輸入

昨年欧州連合(EU)加盟28カ国で生産し輸出したビール20本のうち1本が韓国に輸出されたことがわかった。韓国は米国、中国、カナダに続きEU産ビールの4番目に大きい輸出市場に浮上した。 EU公式統計機関のユーロスタットが4日に明らかにしたところによると、昨年EUでは410億リットルのビール(ノンアルコールビールは除外)を生産し、前年より25億リットル増加した。

これはEU加盟国の国民1人当たり約81リットルに相当する。 昨年EUでビールを最も多く生産した国はドイツで、81億リットルのビールを生産しEUの生産量の20%を占めた。 次いで英国が56億リットルで14%、ポーランドが40億リットルで10%、オランダが39億リットルで9%、スペインが36億リットルで9%、ベルギーが24億リットルで6%などの順となった。 これら6カ国で生産したビールはEU全生産量の3分の2を占めた。

昨年EUでビールを最も多く輸出した国はオランダで、19億リットルを輸出した。また、ベルギーとドイツがそれぞれ16億リットル、フランスが7億リットル、英国が6億リットルのビールを輸出した。 EU産ビールの最大の輸出市場は米国で、昨年1年間に11億リットルのビールが輸出され全輸出の31%を占めた。

スポンサードリンク
次いで中国が5億2000万リットルで15%、カナダが2億1000万リットルで6%、韓国が1億7500万リットルで5%、ロシアが1億3800万リットルで4%、スイスが1億1100万リットルで3%、オーストラリアが1億リットルで3%、台湾が9500万リットルで3%などの順となった。
http://japanese.joins.com/

韓国で輸入ビールが増えている。韓国大手スーパーのイーマートでは2017年2月に輸入ビールの売上が韓国産ビールを上回った。ロッテマートも輸入ビールの売上がビール全体の売上の半数近くを占めている。韓国の輸入ビールは、韓国関税庁のデータによると2012年の7359万ドル(約80億4850万円)から、2016年には600種1億8158万ドルと2倍以上に増えている。2兆7000億ウォンの韓国ビール市場で10%を輸入ビールが占めるようになった。

韓国では日本産のビールが好調だ。韓国紙の中央日報が今年上半期の大手コンビニ3社(セブンイレブン、CU、GS25)の輸入ビール販売量を調査したところ、日本のアサヒビールがトップとなった。韓国ではアサヒ、中国・青島ビール、オランダ・ハイネケンの外国メーカーが3強体制を固めており、韓国最大のディスカウントストア「Eマート」で取り扱う輸入ビールの割合は半分を超える。日本産ビール好調の背景には訪日ブームの影響で日本食が根付いてきたことが指摘されている。

韓国貿易協会によると、昨年のビール輸入額は前年比45%増加となる約2811億ウォン(約276億円)だったが、ビール輸出額は前年より24%増の約1201億ウォン(約118億円)にとどまり、輸入額の半分以下の水準だった。ビールの貿易赤字は過去最大となる1610億ウォン(約158億円)を記録した。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月05日 18:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp