韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国焼酎が東南アジアで人気 年間輸出額1千万ドル目前

韓国焼酎が東南アジアで人気 年間輸出額1千万ドル目前

ベトナムやカンボジアなど東南アジア市場で韓国焼酎の人気が高まっており、今年は輸出額1000万ドル(約11億円)の大台も視野に入ってきた。 韓国酒類大手のハイト真露は5日、ベトナム、カンボジア、タイ、フィリピンなど東南アジア地域向けの今年上半期の焼酎輸出額が前年同期比51.5%増の500万ドルに達したと発表した。

「チャミスル」をはじめとする同社の焼酎の東南アジア市場への輸出額は2015年490万ドル、16年600万ドル、昨年880万ドルと増加してきた。 同社の関係者は「東南アジアでは韓国のドラマ、映画、食べ物など韓流の影響で若い消費者の間で韓国の酒類や韓国料理に対する人気が着実に高まっている」とし、「これを背景に今年は初めて東南アジアへの輸出額が1000万ドルに達する可能性も考えられている」と話した。 同社は2016年3月、ベトナム・ハノイに現地法人を設立し、東南アジア市場への進出を進めてきた。成長が早いベトナム市場に集中するため、今年2月にはホーチミンにも支社を設立した。

昨年10月に同社がハノイにオープンした韓国式居酒屋もベトナム市場攻略に大きく貢献している。ここでは焼酎だけでなく、韓国式のつまみも味わうことができ、SNS(交流サイト)でも話題になっている。そのため同社は年内に2号店をオープンする予定だ。 また2020年までにベトナム現地に同社製品の販売店を20店舗まで増やす計画だ。

スポンサードリンク
同社の関係者は「ベトナムで積極的なマーケティングを行う理由は、ここを拠点にカンボジアやタイなど他の東南アジア市場でも事業を広げることができるため」と説明した。 実際にカンボジアでも韓国焼酎の販売が毎年大幅に増加している。ハイト真露のカンボジアへの焼酎の輸出額は今年上半期だけで70万ドルを記録。前年の同じ時期の3倍以上となった。昨年の輸出額も前年比2.6倍増加した。

同社の関係者は「昨年カンボジア市場は東南アジア市場全体の10%程度に過ぎなかったが、成長率は最も高い」とし、「当初は販売代理店を通じて現地の韓国系住民を中心にアプローチしていったが、今はカンボジア担当の営業社員を本社に置き、積極的にマーケティングを行っている。現地人への販売量が韓国系住民への販売の10倍に達する」と説明した。
http://news.livedoor.com/

韓国東部・江原(カンウォン)地域の鏡月焼酎は1973年に施行された「自道酒」購入制度の恩恵を多く受けた。自道酒制度は道別に1社のメーカーだけが焼酎を作ることを許可するもので、地域酒類業者は地域の焼酎を50%以上扱わなくてはならなかった。だが、1996年に同制度の違憲決定が下されて以降、鏡月は国内消費者の記憶から次第に消えていった。3年前には韓国内での販売が中断された。

だが、鏡月の命脈は切れなかった。日本に渡って華やかに復活した。鏡月は最近、日本焼酎市場全体で日本酒類メーカー「宝焼酎」に次いで販売量2位を記録中だ。日本の市場調査・マーケティング会社「インテージ」が単一ブランド焼酎の昨年1~9月の販売量を調査した結果だ。日本で販売されている韓国の焼酎だけに限ってみると、鏡月は60%以上の市場シェアを誇り圧倒的1位を記録している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月05日 18:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp