韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  安全診断受けたBMW車両からも出火…国土部「民官合同精密調査」

安全診断受けたBMW車両からも出火…国土部「民官合同精密調査」

リコール対象に含まれ緊急安全診断を受けたBMW自動車から運行中に火災が発生し、リコール措置の信頼性に疑問が提起されている。

 5日自動車業界によれば、国土交通部は4日に全羅南道の木浦(モクポ)で火災が発生したBMW車両の緊急安全診断を行ったサービスセンターに担当職員を送り、実態調査を行った。これに先立って4日午後2時15分頃、木浦市玉岩洞(オガムドン)のある大型マート近隣道路を走っていたBMW 520D乗用車のエンジンルームから火が出たが、この車両は3日前の1日にBMWのサービスセンターで緊急安全診断を受けた車両であることが分かった。BMWは先月26日、リコール決定が下された520Dなど42車種10万6千台余りの排気ガス再循環装置(EGR)を交換することにして、整備が急がれる車両から緊急安全診断を進めた。緊急安全診断は、エンジンの内視鏡検査を通じてEGR部品に火災の危険があるかを点検する方式で進行される。この日の火災で、今年だけで火災事故が申告されたBMW車両は32台に増えた。

この火災事故についてBMW側は、国土部に対し「職員の単純ミス」と釈明したと伝えられたが、安全診断の方式自体に問題があるのではないかという疑問が提起されている。国土部は、安全診断の信頼度を確保するために自動車検査所など国家機関が安全診断を引き受ける方案も検討中だが、検査装備の確保と責任問題など簡単には決定を下せずにいる。

スポンサードリンク
一方、国土部はBMW車両の火災に対する詳細な調査に、傘下の研究院だけでなく民間の専門家も参加させて民官合同調査チームを設けることにした。国土交通部のキム・チェギュ自動車管理官は「通常は交通安全公団所属の自動車安全研究院で調査を進めるが、今回は事案の重大さを勘案して参加を望む民間の専門家も最大限参加させ、詳細な調査を施行する計画」と明らかにした。国土部は今月4日、BMW側から技術資料を提出させた後、詳細な調査に着手して現在は追加資料要請の有無、具体的な調査方式を検討している。
http://japan.hani.co.kr/

韓国国土交通部は、「(車が輩出する窒素化合物を減らすための装置である)排気ガス再循環装置(EGRシステム)が火災の原因」と指摘したBMW側の分析結果を認めたとし、この装置の冷却機能が正常に作動せずに火災が発生したという。なおBMW側は、来月中旬からリコール車両を対象にこの装置を交換すると発表している。だが、韓国だけとなると、韓国車だけに限られた排気ガス再循環装置(EGRシステム)が取り付けられているのではと考えるのが妥当だが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月06日 08:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp