韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  「iPhone X Plus」の価格は13.6万円を超える?

「iPhone X Plus」の価格は13.6万円を超える?

今秋の発売が見込まれる「iPhone X Plus」の価格が1,200ドル(約13.6万円)を超える、との予測が報じられています。また、各社のハイエンドスマートフォンの価格は今後も上昇を続けると予測されています。Appleが昨年9月、iPhone Xの価格を999ドル(日本では112,800円)からと発表した際、その価格の高さのために「iPhone Xの販売は低迷するのではないか」との予測が飛び交いました。

しかしAppleは先日の業績発表で、iPhoneシリーズの販売数は前年同期比で1%の微増ながら、iPhone Xの販売好調により売上高が20%と大きく伸びたことを発表し、「高価すぎる」と批判されたiPhone Xが人々に受け入れられたことが示されました。iPhone Xの販売好調を受けて、各メーカーがハイエンドスマートフォンの価格を引き上げる動きが続く、とする複数のアナリストによる予測を米メディアCNETが伝えています。「iPhone X Plusは、1,200ドルになる」と調査会社CCS Insightのアナリスト、ベン・ウッド氏は予測しつつ、「もっと高価でも売れるだろう」と付け加えています。

「iPhone X Plus」の価格発表後に人々が見せる反応についてウッド氏は、以下のように予想しています。すぐにソーシャルメディアで「馬鹿げている!」と大騒ぎになるでしょうが、騒ぎは静まって、皆がそれを買うことになるでしょう。iPhone Xのアメリカでの販売価格999ドルと、日本での販売価格112,800円を比較すると、1ドル=約113円のレートで価格設定されている計算です。このレートから、アメリカで「iPhone X Plus」が1,200ドルで売られるなら、日本では約136,000円で販売されると推測されます。

スポンサードリンク
仮に、アメリカでの販売価格が1,299ドルになれば、13インチMacBook ProのTouch Bar非搭載モデル(日本での販売価格は142,800円)と並びます。CNETのまとめによると、フラッグシップモデルの価格を2016年モデルと現行最新モデルで比較すると、SamsungやLGは15%程度、OnePlusは32.6%も価格を引き上げています。この動きは、iPhone Xの成功を見た各メーカーが、ハイエンドモデルの価格引き上げに踏み切ったためと考えられます。
http://news.livedoor.com/

日本も格安SIMもひと段落がついた。高い本体価格でデュアルSIMで切り替えるか、今後の動向はまだ可能性を秘めている。今まで月額が高すぎたわけで、利用者も自由度を持つだろうし、企業側も自由度を増すだろうと考える。またガラケーが生産終了となり、その一方で電話っぽい形をした端末というのは根強い人気があるのも事実。このため、実際には見た目はガラケーの形をしたスマホは継続して発売されるとの事。

しかしドコモのケータイを契約していれば、2年契約で980円とiモード300円。約1000円を少し超える程度の料金だ。これがスマホだったら最低でも6500円ですから、どれだけ安いかが分かる。月980円の格安スマホと2台持っても、合計2000円。さて、企業側はどう考えるのだろうか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月07日 08:45 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp