韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  Huaweiが11月に有機EL採用「折りたたみスマホ」発売へ

Huaweiが11月に有機EL採用「折りたたみスマホ」発売へ

18:9ディスプレイ、デュアルカメラの次は「折りたたみ」がトレンドになりそうです。台湾メディア「DIGITIMES」の報道(1、2)によると、Huaweiは2018年11月に史上初となる有機ELディスプレイを使った折りたたみスマホを発売するそうです。他にもSamsung、Xiaomi、Oppo、Vivoといったスマホ世界シェア上位メーカーたちが2018年後半から2019年前半にかけて一斉に折りたたみスマホを発売する予定で、Huaweiはいち早く発売にこぎ着けることで機先を制する方針。

Huaweiは有機ELで大きく先行するSamsungでなく、有機ELの量産を開始する中国のBOEからパネルを調達するとされています。
また、XiaomiやOppoなどの中国メーカーも、BOEやVisionox、Tianma Microelectronics、Visionox、Everdisplay Optronicsといった中国の地場パネルメーカーおよびLG Displayから有機ELパネルを調達する予定。Samsungが「Winner」と呼ばれるコードネームで開発中の折りたたみスマホが20~30万円台の超プレミアムフォンになる可能性があるのに対し、中国勢には半額程度でリリースするメーカーもあるとのこと。

なお、折りたたみスマホの特許を相次いで取得するなど、水面下で動きを見せているしているAppleは製品化に慎重で、2020年まで発売しないと見込む市場関係者もいるとされています。かねてからLenovoがCEATEC JAPANなどで参考出品している折りたたみスマホ「Folio」。ようやくスマホがただの「一枚板」から進化することになりそうです。
http://news.livedoor.com/


さまざまな映像がネットに流れ、ファーウェイの「びっくりする技術」は、折り曲げケータイではないかと言われるようになっている。ファーウェイは京東方と共同して、折り曲げケータイを開発していて、その計画では今年11月の発売を目指しているという。もし、それが実現すれば、同じく折り曲げケータイを開発中のアップルやサムスンよりも先に市場に投入できることになる。ファーウェイの折り曲げケータイは、第6世代の有機ELディスプレイ(OLED)を採用していて、関節部分から折り曲げることができる。参考モデルでは関節が複数のものも映像にあり、この場合は、腕輪のようにまるめて、腕につけることも可能になる。

ウェアラブル端末との境界がなくなり、スマートフォンは手に持つものから、体につけるものになるかもしれない。ファーウェイはこのような折り曲げケータイの試作モデルの映像をメディアに公開し、消費者の反応を測定しているという。もし、11月に市場投入できれば、常に最新技術を最初に搭載することでシェアを拡大してきたサムスンには大きな打撃になる。タブレットの大きさとも画面比率が変わるわけで、どういう対応とするのかに関心が集まりそうだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月07日 08:55 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp