韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国、中低価格テレビ市場で初めて韓国追い越す

中国、中低価格テレビ市場で初めて韓国追い越す

京畿道一山(キョンギド・イルサン)に住むハムさん(46)はこのほどコストコ一山店を訪れた。中国のテレビブランドであるTCLの55インチ液晶テレビを見て購入した。超高画質(UHD)テレビの最新製品なのに販売価格は73万7500ウォン(約7万2965円)にすぎなかった。

インターネットで検索した同性能のサムスン電子製品の92万ウォン、LGエレクトロニクス製品の94万6000ウォンより20%以上安かった。サムスンのQLEDテレビ、LGの有機ELテレビなどプレミアム製品と比較すると半額にも満たなかった。ハムさんは「テレビは過去と違い新製品の開発スピードが速く、あえてサムスンやLGの高級ブランド製品を買う必要はない。5~6年使って故障すれば新しい製品に乗り換えるのがお得」と話した。

中国メーカーがテレビ、冷蔵庫、洗濯機、空気清浄器、掃除機のような家電製品市場でサムスンやLGを猛追撃している。コストパフォーマンスを基に中国内需市場を席巻した後に技術と資本を蓄積して世界市場に進出する戦略だ。サムスンやLGなど韓国メーカーなどはプレミアム戦略で対応しているが、中国メーカーの品質と技術力も急に成長しており、今後の結果を楽観するのは難しいという観測が出ている。

スポンサードリンク
6日のIHSマーケットによると、サムスン電子の1-3月期のテレビ市場でのシェアは19.2%で世界1位を守った。だが中国のテレビ市場でのシェアは2.2%にとどまった。2014年に5.1%に達していたシェアがわずか4年で半分になった。サムスンの席を埋めたのはハイセンス(14.8%)、スカイワース(13.8%)、TCL(12.6%)など中華圏のメーカーだ。これら中国メーカー8社のシェアは84%に達する。電子業界関係者は、「一度崩壊した中国の流通販売網を復元するのは容易でない。サムスンも事実上あきらめる雰囲気だ」と伝えた。

内需市場で技術と資本を蓄積した中国テレビメーカーはコストパフォーマンスを掲げ海外へと進出している。ファーウェイ、シャオミ、BYDなど中国のスマートフォンと電気自動車メーカーがやってきたのと同じ戦略だ。 TCLのテレビ市場での世界シェアは数量基準で2016年が5.8%、2017年が7.1%、2018年1-3月期が7.9%と急増している。中国メーカーの世界シェアは29.7%で、韓国の32.4%のすぐ下まで追いついている。750ドル以下の中低価格製品市場では1-3月期の中国のシェアは34.5%で、24.4%の韓国を初めて追い越した。
http://japanese.joins.com/

2000年代中盤に韓国メーカーが日本を上回った世界のテレビ市場で、中国メーカーが占有率1位に向け快進撃を続けている。 中国政府の液晶表示装置(LCD)事業支援に力を得た中国メーカーが、「プレミアム級」のテレビ市場にまで乗り出し、サムスン電子やLG電子との競争が本格化している。またプレミアム市場では、世界のテレビ市場におけるソニーのシェアは昨年、金額ベースでは10.2%にすぎなかったが、高級テレビ市場では首位に立った。同社の9─12月期営業利益率が10.7%に達した。高級テレビ市場において、サムスンはさらに苦戦を強いられる。同市場における有機ELテレビのシェアが、昨年の51%から今年は71%に上昇すると、IHSは予想している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月07日 09:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp