韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン・LGの手足は縛り…世界のバッテリー市場を占領した中国

サムスン・LGの手足は縛り…世界のバッテリー市場を占領した中国

2015年10月27日、中国・南京の新港経済開発区で開かれたLG化学南京バッテリー工場竣工式。具本茂(ク・ボンム)会長をはじめとする当時のグループ首脳部が「総出動」した。LGグループ経営陣は「年間23万台の生産能力を2020年までに段階的に4倍以上に増やす」という内容の中長期投資計画を野心的に発表した。これより5日前にはサムスンSDIが西安に年産15万台規模のバッテリー工場を竣工した。世界最大の電気自動車市場である中国のバッテリー市場を先取りするという戦略だった。

だがわずか3~4カ月で中国ではこうした現地化戦略を実現しにくいことを悟った。中国政府は2016年1月から電気バスと電気自動車の補助金支給基準を新たに定め、外国企業の電気自動車バッテリー製造と販売を規制した。LG化学は2016年以降に中国の自動車メーカーから受注した電気自動車用バッテリーは事実上「ゼロ」に落ち込んだ。同社は規制がなかった2015年まで累積で100万台以上受注した。

韓国企業の空席に食い込んだのはCATLやBYDなど中国のバッテリーメーカーだ。市場調査機関SNEリサーチによると上半期のCATLの電気自動車用バッテリー出荷量は571万3600キロワット時で前年同期より324.4%急増した。 世界市場でのシェアは19.1%で1位のパナソニックの19.9%に0.8ポイント差まで追いついた。世界最大の電気自動車メーカーBYDが10.9%で3位に上がった。昨年2位だったLG化学は4位に、5位だったサムスンSDIは6位に押し出された。

スポンサードリンク
世界市場で勢いに乗る中国のバッテリーメーカーは国主導の緻密な産業育成戦略を生々しく見せる実証事例に挙げられる。巨大な市場をアピールして海外先進企業の投資を誘導した後に大規模補助金と市場規制を活用して外国企業を牽制し自国企業を育てる。こうした方式で技術と資本を蓄積した中国企業は海外に進出してグローバル企業と競争する。
http://japanese.joins.com/

現在、世界最大の自動車用バッテリー工場は、米テスラがパナソニックと共同で米ネバダ州に建設中の「ギガファクトリー」である。一部が完成し、2017年1月からバッテリーの生産が始まったが、その生産能力は最終的に年間35GWhという膨大なものになるという。どのくらいの規模かというと、2017年10月に日産自動車が発売した最新のEV(電気自動車)「リーフ」用の電池なら、87万5000台ぶんに当たる。2010年に初代が発売されて以来のリーフの累計生産台数は2018年1月に30万台に達した。これは世界のEVで最も多い。ギガファクトリーの生産能力は、この累計生産台数の3倍近いリーフ向け電池を1年で造ってしまう。

ところが、CATLが現在進めている生産能力の拡張は、このギガファクトリーを上回るものだ。ロイター報道によれば、2020年のCATLの生産能力は、合計で50GWhに達するとの事。これまで中国の自動車用バッテリーメーカーで最大だったのは中国BYDだったが、2020年にはCATLがBYDを抜き、現在世界最大の韓国LGも凌いで世界最大の自動車用バッテリーメーカーとなる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月07日 12:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国はテンプレ
中国の国策産業は独創性がないから、テンプレを探して
技術と市場の両方をとりにいく。狙われたのは韓国企業。
電池、表示パネル、半導体、スマホ、ここまでは楽勝だろう。

中国の戦略には段取りがあって、まず政治トップの取り込みと、
融和ムードの醸成。取り込まれたのは朴槿恵。
文在寅は経済にうといから流れは変わらない。

で、出てきた伏兵は米国のトランプ。対米輸出が減りそうだ。
中国は米国に代わる通商相手を探すのに必死だろう。
[ 2018/08/07 16:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp