韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンはなぜバイオ分野ばかりを強調するのか?

サムスンはなぜバイオ分野ばかりを強調するのか?

サムスン電子のイ・ジェヨン副会長が6日、京畿道の平沢(ピョンテク)半導体工場で政府と疎通懇談会をしながら、バイオ製薬分野を“第2の半導体”に育てるとして、薬価が市場で自律的に決められるようにしてほしいと言うなど、当該産業と関連した規制緩和を要求した。“イ・ジェヨンの得意事業”であるバイオ分野を広報して、会計論議に揺れたサムスンのバイオ事業の正当性を強調するためと見られる。

この日サムスンは、系列会社60社余りの中で、唯一サムソンバイオエピス(サムソンバイオロジクスの子会社)のコ・ハンスン社長を出席させるなど、バイオ分野を強調した。コ社長は懇談会で、バイオシミラー(バイオ後続品)薬価政策改善、バイオ医薬品原料物質の輸入・通関効率改善、各種税制緩和を要求した。バイオシミラーは、動物の蛋白質やホルモンを素材に作る医薬品を言う。特許が満了したオリジナル薬品と同等な成分を持つ薬だ。

関心を引いたのは、バイオシミラー薬の価格を事実上引き上げてほしいという要求であった。コ社長は「米国と欧州の場合、市場の自律競争と入札を通じて薬価が決定される」として「韓国国内でも企業が自発的な市場競争に参加して合理的薬価を形成するならば、バイオシミラー産業の競争力を向上させられるだけでなく、中長期的に政府の医療財政負担も減らすことができる」と話した。

スポンサードリンク
今はバイオシミラー医薬品が開発されれば、オリジナル薬の価格が既存の70%に下がることになっていて、複製薬であるバイオシミラーの価格はそれより低い水準で策定されるが、こうした構造をなくしてほしいということだ。 サムスンは「業界全体の意見」と主張したが、これはサムスン側の特殊な要求に近い。サムスンと共に韓国のバイオシミラー市場を二分しているセルトリオンの場合、バイオシミラー薬価改善要求をしていない。これは両社の価格政策の差異に起因すると見られる。
http://japan.hani.co.kr/

昨年8月、韓国サムスングループのバイオ子会社サムスンバイオロジクスは、武田薬品工業と新薬の研究開発で提携すると発表している。両社が新薬候補物質の探索や臨床試験(治験)実施、販売などで協力するという。第1弾として武田が研究する急性膵臓(すいぞう)炎治療薬候補の商業化を目指すとした。またサムスンバイオロジクスは、バイオ医薬品製造受託の世界大手で、同社の子会社でバイオ医薬品開発のサムスンバイオエピスと武田が提携する。日本の製薬大手と韓国の大手財閥が新薬で提携するのは珍しい。武田は開発の重点領域に消化器を掲げており、今回の提携はこの分野に入る。同社はバイオ医薬品に強いサムスンのノウハウを取り入れ、日本の製薬会社が苦手とされる同医薬品の開発力を高める。サムスンは治験を安全かつ効率的に進め、新薬の製造販売承認を得るノウハウを学ぶとしている。

そんな中で、韓国サムスングループのバイオ医薬品受託製造サムスンバイオロジクスが粉飾会計を疑われており、韓国金融当局は、サムスンバイオの会計処理に関する調査結果を発表している。当局は同社が投資家に公表すべき重大な契約事項を意図的に隠したと認定。「明白な会計基準違反にあたる」として、担当役員に辞任を勧告、また検察に告発を検討するとした。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月08日 08:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp