韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  タワー式駐車場で火災、現代車から出火か

タワー式駐車場で火災、現代車から出火か

6日午前10時37分ごろ、江原道江陵市林塘洞の機械式のタワー式駐車場(25階建て、高さ30メートル)から出火し、駐車中の現代自動車の乗用車2台が全焼した。人的被害はなかった。 消防当局によると、焼けた乗用車のうち、1台は現代自動車のグレンジャーで21階部分に停止した駐車リフトに乗っていた。駐車または出庫のために移動中だったとみられる。もう1台は現代自の小型車クリックで、21階部分に駐車されていた。2台は並んだ位置にあったことになる。2台はいずれも駐車のためにエンジンを切った状態だったとみられる。消防当局は全焼した2台のいずれかから出火したとみている。

駐車場の別の階にあった車は煙で黒くすすが付いた以外に被害はなかった。当時駐車場内には30台余りが駐車していた。 目撃者はタワー式駐車場の換気設備から黒煙が上がるのを発見し、119番通報した。消防当局は消防車18台と消防隊員約140人を出して消化作業を行ったが、内部への進入が困難で、6時間後に鎮火した。タワー式駐車場の崩壊を懸念し、周囲50メートルにいた人は退避を命じられた。 火災現場のタワー式駐車場には駐車管理者がいたが、多くの場合、運転者が直接駐車設備を操作していた。江陵消防署の関係者は「タワー式駐車場に対する安全点検を終えた上で、火災原因を調べる」と話した。
http://www.chosunonline.com/


一方 2016年2月1日、韓国・MBCによると、韓国で高速道路を走っていたアウディの乗用車から出火した。韓国では、やはり走行中のBMW車で突然火災が起こる問題が2015年から相次いでいる。 この日午後3時ごろ、ソウル市内の高速道路を走っていた2012年式アウディA4で火災が発生した。運転していた56歳の女性は、すぐに車外に逃げ無事だったが、車は10分ほどで全焼した。エンジンルームから火が出たという。 アウディ車をめぐっては、国土交通部が13年、火災の危険があるとして4車種700台余りにリコール命令を出している。

何とも韓国では乗用車が良く燃える。しかも随分前から多発している様だ。当時は、外車には火が出るオプション、国産車にはエアバッグが作動しないオプションが付いていると皮肉っている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月08日 09:10 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp