韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ニッポンの航空機部材、さらなる飛躍の時が来た!

ニッポンの航空機部材、さらなる飛躍の時が来た!

自動車の100倍にあたる約300万点もの部品から構成される航空機は、耐久性や軽量化といった最先端技術の結晶。世界的に市場拡大が見込まれる中、日本勢の活躍の場が広がっている。2018年2月―。日本の航空機大手メーカー各社の工場から米ボーイング「777X」初号機向けの機体部品の出荷が始まった。「777」の後継機で、日本企業が機体部品の開発・製造に21%の割合で参画している最新鋭機だ。

川崎重工業は名古屋第一工場(愛知県弥富市)から前部・中部胴体パネルを、三菱重工業は広島製作所江波工場(広島市中区)から後部胴体パネルを、SUBARUは航空宇宙カンパニー半田工場(愛知県半田市)から中央翼をそれぞれ出荷し、米国シアトル近郊にあるボーイング社の組立工場に輸送されたのち、機体として組み上がる。完成機は2020年からエアラインへの引き渡しが始まる予定だ。 国際共同開発はこのように、異なるメーカーが責任を持って担当部位を開発、製造して納入する分業体制である。日本の航空機産業の発展の歴史の中で、米ボーイングとの機体構造に関する国際共同開発が果たしてきた役割は非常に大きい。

日本が初めて国際共同開発に参画したのは1982年に型式証明を取得した中型旅客機「767」。1960-70年代にかけて、日本は初の国産旅客機「YS-11」を開発するものの、商業ベースに乗らずに頓挫。ボーイングとの取引は瀬戸際に立たされていたわが国航空機産業の新たな幕開けとなった。


それから30年あまり―。国際共同開発への参画比率は、「767」では16%だったが、1995年からの「777」では21%に上昇。2011年には主翼に複合材を用いるなど画期的な中型機として注目を集めた「787」で35%に達した。

「787」では主翼をはじめとする機体の35%を三菱重工、川崎重工、SUBARUの3社が開発・製造しているほか、東レが主要構造部分の炭素繊維複合材料(CFRP)をボーイングと共同開発した。また、ブリヂストンがタイヤを、ジャムコがラバトリーやギャレーなどを提供する。今やボーイングにとって日本は、共同開発・製造分野での米国外最大級の拠点だ。
http://news.livedoor.com/

記事では、燃費性能に直結する航空機エンジン分野でも日本勢は存在感を発揮していると報じている。「787」には2種類のエンジンが設定されており、英ロールス・ロイスの「トレント1000」には三菱重工航空エンジンと川崎重工が、米ゼネラル・エレクトリックの「GEnx」にはIHIがそれぞれ参画。航空機エンジンの分野で国際共同開発の礎を築いたのが欧エアバスの「A320」に搭載され、世界的ヒットとなった「V2500」。1983年、日本、英国、米国、ドイツ、イタリアの5カ国による共同開発契約が締結され、その後の開発体制の変更はあるものの、190社以上の航空会社から累計7500台を超える確定受注を獲得しているとの事だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月10日 08:59 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp