韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  将来iPhoneが電子パスポート代わりに?

将来iPhoneが電子パスポート代わりに?

アップルが米国特許商標庁(USPTO)に「セキュアエレメントへの文書のインポート」という特許を出願していたことが明らかとなりました。この特許は、身元を証明する文書からユーザーの識別情報を取り込み、モバイル機器を証明書代わりに使えるというもの。

出願書類では明言されていませんが、将来的にiPhoneなどを運転免許証や電子パスポートなどに置き換える用途が推測されます。セキュアエレメントとは、決済情報などを安全に保存するための専用チップのこと。iPhoneなどスマートフォンにも内蔵されていますが、それ自体が独立したOSを持ち、端末側のOSから読み取りもコピーもできません。要はスマホを擬似ICカード化する際に、重要な情報を保護するための仕組みです。詳しくは、過去記事をご参照ください。

この特許では、デバイスが証明文書から資格証明データをインポートするしくみを記述。さらにデバイス所有者が証明書として使う際に、どのように使用権限を認証されるかを説明しています。ここでいうデバイスはRFIDないしNFC(いずれも近距離無線通信)チップとセキュアエレメントと、データ処理能力を持つ端末のこと。まずRFIDにより運転免許証や会員カードなどの証明文書から「信用証明情報の一部」を取得します。その後、デバイスは無線で認証システムにリクエストを送り、信用証明を使用する権限を付与されます。そうして認証が完了すると、内部のセキュアエレメントに信用情報が保存されるわけです。

スポンサードリンク
そして電子証明書として使用する際には、認証システムから資格証明が求められ、デバイス側でユーザーの認証確認が行われることに。これは単純にパスワードを入力する方法や、デバイスに搭載された生体認証セキュリティを用いるバージョンもあるとのこと。出願書類では、電子パスポート(日本ではIC旅券)の使用が増えていることにも言及。そうしたパスポートにはユーザーの名前や生年月日などの個人情報を格納するICチップが含まれていますが、アップルは本特許のシステムがそのデータを引き継げることを示唆しているようです。

そしてRFIDチップやセキュアエレメント、データ処理能力を実装した端末といえばiPhoneでしょう。Touch IDやFace IDといった生体認証セキュリティも備えており、条件は一通り満たしているようです。この特許のメリットは、電子パスポートに生体認証チェックを導入しやすくなること。現状では厳密な生体認証を導入している国は稀であり、現状のカナダの電子パスポートのように「所有者の顔写真を保存しているだけ」というケースもあります。つまり、顔写真と本人(と称する人)を見比べる審査担当者の目が「生体認証」になっているわけです。
http://news.livedoor.com/

世界最大規模でパスポートや紙幣の印刷を行うイギリスの企業<デ・ラ・ルー>が、空港で長年にわたり使用されてきたパスポートの代わりに、スマートフォンを利用する技術を開発中としたのが2016年である。同社が開発しているのは、スマートフォンを使用した「ペーパーレス・パスポート」。その名のとおり、ユーザーが書類不要で空港を利用できる技術だ。現在のパスポートにはICチップが組み込まれており、顔の写真を照合するためのデータが記録されている。つまりスマートフォンにも、パスポート情報をスクリーン表示するだけではなく、同様の技術を組み込むというもの。偽造される可能性、国際間の障壁、スマートフォンを紛失する可能性などが大きなハードルとなっており、実用化までにもう少し時間がかかりそうだが、すでに「ペーパーレス・パスポート」というコンセプトが始動しているのは、各国が考慮中と言うのは、まちがいないようだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月11日 08:54 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp