韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  活況続くHDDベア市場、下落するGB単価と進む大容量化

活況続くHDDベア市場、下落するGB単価と進む大容量化

Cパーツの好調な売れ行きが続いている。なかでもHDDベアドライブ市場は、18年2月以降、数量伸び率が連続して2ケタ増で推移。大容量化も進み、現在は4TB以上が約半数を占めることが、家電量販店・ネットショップの実売データを集計するBCNランキングから明らかになった。

HDDベア市場のここ一年間の販売数量伸び率(前年同月比)をみると、17年7月から18年1月までは前年を下回る月もあったが、18年2月以降は安定して2ケタ増を維持している。この要因を探ってみたところ、1GBあたりの単価(GB単価)と関連があることが分かった。GB単価が3円台のときは、数量伸び率は変動が大きく、不安定な動きを示していた。しかし、単価が3円を切り始めると伸び率は2ケタ増と好転し、その後も好調な売れ行きを維持している。また、GB単価は一年を通して右肩下がりが続いており、現在のトレンドから、今後さらに下落する可能性もある。

では、このGB単価の下落がほかにどのような影響を与えているか、調べてみたところ、大容量化が進んでいることも分かった(図2)。まず、注目したいのは「4-5TB未満」だ。一年前の17年7月時点の構成比は10.9%に過ぎなかったが、GB単価の下落に伴い構成比は増加。17年11月は29.0%と「3TB」の構成比を上回り、世代交代を果たした。その後、さらに大容量である「5TB以上」の構成比が増え始め、18年3月には11.6%と初めて2ケタに達した。18年7月は20.7%と2割を超えており、「5TB以上」の躍進に拍車がかかりつつある。
http://news.livedoor.com/


HDDの大容量化は年々進んでおり、2007年には最大1TBでしたが、10年後の2017年末時点で市場に流通しているものでは容量が10TB~12TBのものが最大となっている。今後はさらに大容量のHDDがリリースされる。従来のHDD内部には普通の空気が入っており、気圧調整のために空気穴もあいていたが、ヘリウム充填HDDは完全密封している。空気と比べて比重の軽いヘリウムを充填することで空気抵抗が大きく下がることになった。抵抗が減ったため薄いプラッタでも安定して回転できるようになり、厚みを限界ぎりぎりまで減らし、間隔も狭め、プラッタの枚数を増やすことが可能になった。プラッタを6枚から9枚まで増やすことで、容量が1.5倍から2倍以上一気に向上することになり、2013年に初めて発売されたのが6TBで、以降2017年末までに10TB,12TB,14TBと次々に大容量HDDが発表されている。

今後も、年々HDD容量が大きくなる予定で、2023年から2025年までには40TBのHDDが計画されている。プラッタ枚数の増量による大容量化はすぐに頭打ちになり、記録密度をさらに上げることができる技術がすでに登場している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月12日 09:32 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp