韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  iPhone・Galaxy Note9、ユーザーは待っているのは?

iPhone・Galaxy Note9、ユーザーは待っているのは?

テクノロジー関連メディアのPCMagがユーザー向けにアンケート調査を行ったところ、登場したばかりのGalaxy Note9よりも次期iPhoneのリリースを楽しみにしている人が圧倒的に多いことが明らかになっています。世界のモバイル市場でHuaweiが第2位のシェアを握ったことが明らかになっていますが、アメリカでは今でもAppleとSamsungが市場を引っ張る強力な存在です。そんなアメリカ市場で「どのモバイル端末が興味を持たれているのか?」を、PCMagが1555人の消費者を対象に調査しています。

アンケート調査では8月に登場予定の「Galaxy Note9」、9月に登場予定の「新型iPhone」、10月に登場予定の「Google Pixel 3」、「LG V40」、「Huawei Mate 20」、11月登場予定の「OnePlus 6T」といった端末の、いずれを楽しみにしているかが問われています。

アンケート結果は以下の通り。調査時点では発表間近というタイミングであったGalaxy Note9は、24%の支持を得ています。一方で、次期iPhoneは全体の42%もの支持を得ており、圧倒的な注目度であることが数字から明らかになっています。その他は、Google Pixel 3(7%)、LG V40(4%)、Huawei Mate 20(3%)、OnePlus 6T(2%)、その他(6%)、興味ナシ(11%)となっており、消費者が楽しみにしている端末はiPhoneとGalaxyの2つに絞られていることがよくわかります。


なお、PCMagは「(世界のスマートフォン市場で2位のシェアを獲得している)Huaweiは中国のスマートフォン市場を支配しているものの、アメリカでは足場を見つけるのに苦労している」と記しています。Huaweiはアメリカ市場からの全面撤退が報じられていますが、政府からの圧力に苦労しているだけでなく、消費者からの関心もあまり得られていないことが調査結果からわかります。
http://news.livedoor.com/

2018年第2四半期(4-6月)に米国内で新規アクティベートされたデバイスのうち、iOSが36%を占めている。Apple iOSのアクティベーション率のシェアは前四半期、前年と比べて改善を見せている。2018年第2四半期中に新規にアクティベーションが行われたデバイスのうち、Androidが3分の2を確保しており、iOSが3分の1を占めている。ブランド別シェアを見てみると、Samsungの36%に対し、Appleも同じく36%を獲得しており、Appleが米国内でSamsungに食い込んできている。1年前、Samsungは米国内でより多くのシェアを占めていただけに焦りの色を隠せない。なお、LGやMotorolaのシェアは下降気味で、このトレンドは数カ月先まで続くとしている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月13日 09:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp