韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の有力企業、4-6月期業績低迷目立つ

韓国の有力企業、4-6月期業績低迷目立つ

韓国を代表する企業の収益力が急激に低下している。KB証券によると、韓国取引所(KRX)の有価証券市場に上場している企業145社が9日までに今年4-6月期の業績を発表した。時価総額が大きい企業が数多く含まれており、うち43社の営業利益は予想値を10%以上下回るネガティブサプライズだった。不振だった業種にはIT、自動車、通信、造船など韓国の主力産業が多く含まれる。一方、期待以上の業績を収めた企業は30社にとどまった。金融情報会社のFNガイドが上場企業のうち業績を発表済みの155社を集計した結果でも、営業利益が予想値を10%以上下回った企業が58社に達し、調査対象企業の半数以上の営業利益が市場の予想値を下回った。

企業が収益を上げてこそ、勤労者と株主の財布が潤い、内需や税収が上向く。企業業績の低迷は、韓国経済の先行きが暗いことを裏付ける不吉な前兆だ。経済協力開発機構(OECD)は最近、6月の韓国の景気先行指数が前月を0.3ポイント下回る99.2となり、15カ月連続で低下したと発表した。同指数が基準値の100を下回れば、景気が後退していることを示す。OECDによる韓国の景気先行指数がこれほど長期にわたり低下するのは、1999年の通貨危機(1999年9月-2001年4月)以降初めてだ。国民経済諮問会議の金広斗(キム・グァンドゥ)副議長は今年6月初めから、「韓国経済は既に停滞の初期局面だ。企業投資が萎縮し、起業家精神が衰退する状況を放置してはならない」と警告しているが、それが現実化している格好だ。


韓国を代表する企業の収益力低下は全ての方面で表れている。韓国の「看板」であるサムスン電子のスマートフォンの販売台数は、4-6月期に東欧を除く全ての地域で減少した。市場調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)が最近示した報告書によると、サムスン電子は4-6月期の北米でのスマートフォン販売台数が900万台で2012年7-9月期以来で最も低調だった。前年同期に比べると440万台減少した。北米と同様、高級スマートフォン市場に分類される西欧も状況は同様で、販売台数は980万台だった。12年1-3月期以降25四半期連続で維持してきた1000万台を割り込んだ。
http://www.chosunonline.com/

朝鮮日報は、中低価格のスマートフォン市場であるアジア、中南米、中東・アフリカ地域でもサムスン電子の携帯電話販売台数が一斉に減少し他と報じている。また、中国に首位の座を奪われたディスプレー業種の低迷はさらに深刻で、LGディスプレーは4-6月期に2281億ウォン(約223億円)の営業赤字を記録したとの事。サムスンディスプレーの4-6月期の売上高は初めて5兆ウォン台にまで減少し、11兆ウォンを超えていた昨年10-12月期からわずか半年で半減したとしている。

現代自動車も業績不振で、1-3月期の営業利益が45.5%減少した。4-6月期は29.3%の減益。現代重工業は4-6月期に1757億ウォンの営業損失となり、サムスン重工業も4-6月期に1005億ウォンの営業損失を記録した。


関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月14日 08:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp