韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  AIで配送最適化、日本郵便と目指す名古屋大発ベンチャー

AIで配送最適化、日本郵便と目指す名古屋大発ベンチャー

名古屋大学発ベンチャーのオプティマインド(名古屋市中村区、松下健社長、052・485・8760)が、人工知能(AI)を用いたクラウド型の物流最適化サービスを開発している。車両の移動ルートなどを独自のアルゴリズムで割り出し、配送を効率化するサービスだ。まずは協業先の日本郵便と共同で実証を進めており、企業物流や乗り合い車両、移動販売車両向けなどに広く提案する。

オプティマインドは2015年の設立で、松下社長は現役の大学院生。学部生の時から専攻してきた組み合わせ最適化技術や機械学習のノウハウを使い、配送を最適化する独自のアルゴリズムを開発している。具体的には「どの車両にどの荷物を割り当て、どの順に配送するのが最も効率的か」を、さまざまな条件から割り出すというものだ。 事業が進展するきっかけとなったのが、18年2月に開かれた日本郵便のオープンイノベーションプログラムで最優秀賞を獲得したことだ。一部の郵便局で配送最適化の実証実験を行った結果、従来はベテラン社員の場合で14分、新人社員の場合は44分かかっていた配送経路の作成時間が、AIによって6分に縮まったという。

5月には自動運転関連技術を開発する名大発ベンチャーのティアフォー(名古屋市中村区)、倉庫業の寺田倉庫(東京都品川区)からの出資も受けた。今後は物流分野でのサービス導入を拡大するほか、将来は自動運転車や飛行ロボット(ドローン)による移動の最適化にも取り組む。5年後の2023年度をめどに売上高40億円を目指している。
https://newswitch.jp/


NECでも人工知能を使ったビッグデータや画像解析、トラックの適正配備などの技術開発に取り組んでいる。対象分野としては、見える化、分析、制御・誘導などの各種技術への適用が始まっています。例えば、「RAPID機械学習技術」は、膨大な映像・音・テキスト等のデータを人手による複雑な加工無く学習・認識する「ディープラーニング」であり、人の判断や推論が必要な業務を支援します。ルールの設定が不要で、高速かつ高精度なマッチングを行う。

NECは、AI・IoTの活用により「サプライチェーン最適化」「リソース最適化」「ルート最適化」の3つを実現することに力を入れている。①グローバルでのサプライチェーン上での物流の動きを共有・可視化。 ②リアルタイムな物流情報の把握を可能とし、適切な輸送モードの選択や課題への対処を行うことで、サプライチェーン全体の最適化を実現。 ③日々変動する物量に対して、物流にかかわるリソース(在庫、人、車両、拠点)の配置を最適化し、更には従来は熟練者のノウハウに依存していた作業を自動化することで、作業の効率化を実現。配車業務を自動化し、配送中はリアルタイムに進捗状況を把握することにより輸配送業務の効率化を行う。

日本企業でも今後に期待と言う段階ではあるが、確実に進んでいる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月15日 09:03 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp