韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  実際は日本が元祖である韓国の「ロングセラーのお菓子」ベスト3

実際は日本が元祖である韓国の「ロングセラーのお菓子」ベスト3

韓国で発売されて数十年になった代表的な「ロングセラーのお菓子」だが、事実上、元祖といえる製品は日本にあるものを集めてみた。 「ペペロデー(日本のポッキーの日)」になると、愛の象徴になるロッテ製菓の代表製品「ペペロ」は、グリコの「ポッキー」と非常に似ており、盗作をめぐる論議が絶えなかった。ペペロは1983年韓国で発売され、ポッキーはこれより17年早い1966年日本で発売された製品だ。

カラオケに行くと基本的に提供されるほど、韓国で国民的なお菓子である農心(ノンシム)の「セウカン」はカルビーの「かっぱえびせん」と製品の形からパッケージまで似ている。かっぱえびせんは1964年発売され、セウカンはこれより7年遅れた1971年発売された。 オリオンのロングセラーといえる「チョコソンイ」も明治の「きのこの山」と非常に似ている。しわの入った傘形のチョコの部分などお菓子のデザインだけでなく、包装箱の色も似ているが、チョコソンイは1984年発売されたもので、きのこの山は9年早い1975年に発売された。

このような現象は続いている。 2005年に発売された南陽(ナムヤン)乳業の飲料「17茶」は1993年発売されたアサヒ飲料の「16茶」を真似したという指摘を受けた。ヘテ製菓の体重調節用調整食品「カロリーバランス」(1995年発売)は大塚製薬の「カロリーメイト」(1983年)を真似したという主張が提起されてきた。


今年初め、オリオンが発売したプレミアム冷凍デザート「Market O 生チョコレート」は日本の有名生チョコレート「ROYCE’生チョコレート」と似ているという指摘を受けた。製品のパッケージから中に入っている製品個数(20個)、同封されたフォークまで似ている。 4月、ビングレーが発売したコーンアイスクリーム「スーパーコーン」もグリコの「ジャイアントコーン」と製品のパッケージがほとんど同じで盗作論議に巻き込まれたことがある。 業界関係者は「日本が流通・食品業で韓国より歴史が長く、先進化されたのが多いため、どうしても韓国企業がベンチマーキングする場合が多い」とし「だが、一部の企業の行き過ぎた真似は恥ずかしくなるぐらい」と話した。
http://japanese.joins.com/

韓国のインターネット掲示板に「僕がすぐに思い付く、韓国が日本からコピーしたもの」とのスレッドが立ち、スレッド主が考える20の項目を列記している。

1.サッカー(蹴球)、バスケットボール(籠球)、野球、バレーボール(排球)の語
2.鶏卵、無鉄砲などの語
3・4はラーメン、カップラーメン
5.コンビニの弁当文化
6.信号が変わる時の音
7.グレンジャー(現代自動車のセダン)など90年代の車のデザイン
8.全プロサッカーチームのユニホーム。蔚山現代はガンバ大阪から、全南ドラゴンズは名古屋グランパスから。
9.全プロ野球チームのユニホーム。ロッテジャイアンツは読売ジャイアンツから、サムスンライオンズは西武ライオンズから。
10.サッカーのサポーターの掛け声
11・12はいずれも韓国のテレビで人気の「プロデュース101」(オーディション番組)、「無限挑戦」(バラエティー番組)
13.箸でごはんを食べる習慣
14.「月光宮殿」(「千と千尋の神隠し」の盗作と指摘されている)などのアニメ
15.「ポケモンGO」に対抗し韓国で制作が検討されているゲーム「ポロロGO」
16以降は、日本が元祖とされる「えびせん」などの菓子やラーメンが挙げられた。

スレッド主は他にも「マジンガーZ」や「クレヨンしんちゃん」「ワンピース」など自分たちが見て育った漫画もすべて日本のものだと紹介、「日本人は意識自体がわれわれより先んじている」と結論付けたが、他のネットユーザーからは異論が相次いでいるとか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月16日 12:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp