韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ジニ係数0.401、韓国の所得不平等が2006年以降最大に

ジニ係数0.401、韓国の所得不平等が2006年以降最大に

韓国政府が今年の最低賃金を昨年に比べ16.4%引き上げたが、低所得層の所得は逆に減少し、所得の不平等は近年で最大にまで拡大したとの分析が示された。

韓国保健社会研究院のカン・シンウク上級研究委員が15日、「労働レビュー」8月号に寄稿した「最近の所得不平等の推移と特徴」と題する報告によると、今年1-3月の市場所得(勤労所得など市場を通じて得る所得)を基準とした世帯所得のジニ係数は0.401で前年同期(0.375)よりも上昇した。福祉などを反映した可処分所得を基準にしたジニ係数は0.347で前年同期(0.327)を上回った。ジニ係数は所得分配の不平等さを示す指標で、値が1に近づくほど、不平等であることを示す。2006年以降で市場所得ベースのジニ係数が0.4を超えたのは初めてだ。

こうした数値が表れたのは、低所得層の所得が大きく減少したためだ。今年1-3月の上位20%の市場所得は前年同期を12.2%上回ったが、下位20%では8.5%減少した。勤労所得も上位20%では10.5%増えたが、下位20%では27.1%も減少した。


今回の報告では、所得下位20%で世帯主が就業しているのは21.2%にとどまり、前年同期(35.4%)よりも低下した。一方、上位20%では97.5%が就業していた。カン研究委員は「世帯所得に占める労働所得の割合は圧倒的に高く、世帯主の労働所得を決定するのはまず就業しているかどうかだ」と述べた。所得の二極化が進んだことについては、低所得層中心に「雇用氷河期」が到来したことが決定的な理由になったとした。
http://www.chosunonline.com/

所得や資産の不平等あるいは格差をはかるための尺度の一つ。所得の累積比率を縦軸、人数の累積比率を横軸とすると、全員の所得が同じとなる完全平等社会は、累積分布が 45°線で表される。それに対し、1人が所得を独占し、残りの人々の所得が 0となる完全不平等社会では、累積分布が反 L字型となる。ジニ係数とは、45°線とローレンツ曲線で囲まれる部分の面積を 2倍したものであり、完全平等社会であれば 0、完全不平等社会であれば 1となる。日本のジニ係数は、2009年の全国消費実態調査によれば 0.283である。日本は経済協力開発機構 OECD諸国のなかでは中位に属している。一方、時系列でみると、日本のジニ係数は 1984年 0.252,1994年 0.265,2004年 0.278と上昇傾向にある。この傾向は OECD諸国でも観測されており、所得格差の拡大というよりも、高齢化の進展によるところが大きい。

韓国の場合は、中小企業雇用9割であるから、低所得者と語る言葉は正しくはない。そもそも年収250万円~300万円であるから、大手企業の所得を基準で考慮するのは間違い。財閥企業と中小企業で二倍の違いがある。韓国の場合は、最低賃金を上昇させたのだから、不平等差は緩和するはず。逆に失業率は上昇する。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月17日 09:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp