韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  ソウル市の自転車用ヘルメット858個、無料貸し出し開始4日で半減

ソウル市の自転車用ヘルメット858個、無料貸し出し開始4日で半減

ソウル市が貸し出し用自転車「タルンイ」のヘルメットを無料で貸し出し始めてから4日で半数を失ってしまったことが分かった。市は、7月20日から23日までに永登浦区汝矣島のタルンイの貸出所30カ所にヘルメット858個を置いた。9月28日からヘルメットの着用が義務付けられた自転車の利用者たちのための事前サービスだった。しかし、施行から5日目である24日に点検したところ、すでに404個(47%)が失われていることが分かった。ソウル全域の貸出所1290カ所を調査した結果だ。市の関係者は「これほどまでに回収率が低いとは予想できず、ショックが大きい」とコメントした。

市民の良心を信じて始められた共有経済サービスが揺さぶられている。汝矣島地域のタルンイヘルメットの無料貸し出しサービスは、1カ月間の試験サービスだ。タルンイを借りる際には別途の貸し出し手続きなしにヘルメットも借りることができる。ヘルメットは、自転車のかごに入れたり保管ボックスに入れたりして管理されていた。返却する際は、自転車のかごに入れるか、近くの保管ボックスに入れる。しかし、利用者でもないのにヘルメットを持ち帰ったり、使っても返却しなかったりするケースが相次いだ。キム・ベクヨン(72)タルンイ管理係は「タルンイを利用しないのにヘルメットをまとめて持って帰る人を現場で捕まえたのは、1、2回ではない」と説明する。


7月21日午後、ソウル市永登浦区汝矣ナル駅前のタルンイ貸出所に個人所有の自転車に乗った30代の男性が訪れた。男性は、保管ボックスからヘルメットを取り出し、そのまま行こうとした。タルンイ管理係が「ヘルメットはタルンイの利用者だけが使用することができる」と言って呼び止めた。しかし、男性は聞こえないふりをして行ってしまった。22日午前、汝矣島の国民日報ビルの前では遊びに来た中年の男女5、6人がヘルメットの保管ボックスの前に集まってきた。これら中年男女は「何でこんな所にこんな物があるのか」と言いながら、一つずつ持っていこうとした。市の職員が出てきて「自転車を借りる人のために置いてある」と説明した。24日、汝矣島の漢江周辺と地下鉄駅の周辺などでは、個人所有の自転車に乗りながらタルンイのヘルメットをかぶった人々があちこちで見受けられた。
http://www.chosunonline.com/

レンタル自転車用ヘルメット858個、無料貸し出し開始4日で半減を予測できないというのも、何とも自国都合さえ理解しないほどの自己都合と言える。全部なくならなかっただけマシだろうといいたい。市民の良心を信じて始められた共有経済サービスとはいえ、自国民の教育ができていないのだから、当たり前である。朝鮮日報は、「半月前に香港で開かれたアジア最大のスタートアップ博覧会で、韓国のスタートアップ代表として貸し出し用自転車への投資誘致に向けた事業を発表し、華々しいスタートを切ったものの、今では何だか冷水を掛けられた感じ」と話すと報じている。

ソウル市は今年ヘルメットを3万個ほど準備する予定だったが、数日でなくなってしまうヘルメットを国民の税金を使って引き続きそろえていくべきか悩まざるを得なくなったと言うが、予想していれば自国民のための商品であるから、持ち帰れば違反切符で罰金となるルールくらいは徹底するべきだろう。ヘルメット着用の義務化に反対する側は「貸し出し用自転車は、基本的に交通の便が悪い1、2キロ以内の短距離移動に利用されるケースが多いが、こうした状況で他人の汗が染み込んでいるヘルメットをあえて使うわけがない」といった主張だったと言うが、これもあきれた意見で、事故が起きてからでは遅い。

ITが進んでいるなどと論外である。位置情報確認チップ程度を埋め込んで対応する管理するシステムくらいの事を実施してほしいものだが…。或いはスマホで借りて、情報処理センターで管理してほしいものだ。金のかかるサービスは実施しない。結果として後で余計に税金がかかり、挙句に余計なルールが出来上がる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月19日 16:19 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp