韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  40度猛暑のベトナムでユニクロのカーディガンはなぜよく売れるだろうか

40度猛暑のベトナムでユニクロのカーディガンはなぜよく売れるだろうか

韓半島(朝鮮半島)に111年ぶりに最悪の暑さがやってきた。熱帯気候で40度を上回る熱い日が日常的となっているベトナムの人々はどのように太陽を避けるだろうか。 19日、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)のベトナム産業・商品動向によれば、20・30代を中心に紫外線(UV)カットと冷却機能のある服を購入する消費傾向が拡散している。

過去は紫外線対策のためにサンクリームを塗るだけだったが、生活水準が高まり、バイク運転者や若い女性を中心に紫外線対策服の人気が高まっている。特に、ベトナムの若い女性は白い肌を憧れる。ビューティーブロガーを中心に「白肌作り」が注目され、紫外線対策製品に対する消費をあおっている。KOTRAハノイ貿易館でベトナム消費者を対象に紫外線対策方法に対するアンケート調査を実施した結果、回答者の半分以上(55%)が日光を遮断するために紫外線対策服を着ていると答えた。

小規模の商店でよく見かけるブランドのない製品の価格帯は3(約330円)~15ドルだ。ローカルブランドはベトナムに約100店を保有するカニファ(CANIFA)がある。ところで、ベトナムにまだ公式進出していないユニクロ(UNIQLO)が市場で大勢だ。ユニクロはベトナム内で公式店舗がなく、主にオンラインや非公式的ルートを通じて専門輸入業者が運営する小規模店舗で購入することができる。ユニクロがベトナムで人気を呼んでいる要因として、紫外線対策機能と共に冷却・防水機能があるためだ。


衣類以外にも紫外線対策製品に対する需要が高まるものとみられる。韓国消費者の間で人気があった紫外線カットマスクと腕ぬきの場合、ベトナムでも市場参入を狙う価値があるためだ。 KOTRA東南アジア・オセアニア地域本部長兼ハノイ貿易館長のキム・ギジュン氏は「紫外線が皮膚がんも誘発しかねないという現地メディアの相次いだ報道のため、ベトナムで警戒心が日増しに増加している」として「紫外線対策服だけでなく、他の機能性製品の需要が増加するだろう」と見通した。
http://japanese.joins.com/

柳井正会長兼社長の記者会見で「顧客は生活防衛(意識)になっていて、値上げをすべき時期ではなかった。毎日、低価格で買い求めやすくすることが必要だ」と語り、業績の伸び悩みを受け、20年度に5兆円を目指すとしてきた売上高目標を、3兆円に引き下げるとしたのが2016年。記事では、ユニクロはベトナム内で公式店舗がなく、主にオンラインや非公式的ルートを通じて専門輸入業者が運営する小規模店舗で購入することができる。ユニクロがベトナムで人気を呼んでいる要因として、紫外線対策機能と共に冷却・防水機能があるとしているが、日本での人気も高いわけで、値段を下げた商品はベトナムでも人気となるだろう。

ベトナム国内に代表事務所を設立したとされる事実は、ベトナム市場が短期的な目標として視野に入っていることを示唆している。ユニクロは日本のカジュアルウェアのデザイン・製造・小売企業で、2005年11月以降、ファーストリテイリングの完全子会社だ。同社は日本及び海外で事業を展開している。海外市場への拡大を背景に、2017年第1 四半期のグループ全体の営業利益は3億8580万ドルを記録している。ベトナムでは、昨年Zaraが開店し、H&Mも今年ホーチミン市に第1号店を開店する。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月20日 12:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp