韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日EUが経済連帯をむすべば韓国自動車輸出に打撃

日EUが経済連帯をむすべば韓国自動車輸出に打撃

日本・欧州連合(EU)経済連携協定(EPA)が来年発効されれば、韓国の自動車および自動車部品、機械、化学製品など対EU輸出が打撃を受けるとの懸念が提起された。

韓国貿易協会通商支援団が21日に発表した報告書「日EU・EPAが我々の対EU輸出に及ぼす影響および示唆点」によると、日欧EPAが発効された場合、日本製品99%の関税が即時または順次撤廃され、これまでEU市場で無関税の恩恵を受けてきた韓国製品の輸出が不利になるものとみられる。韓国は2011年に韓EU自由貿易協定(FTA)の発効でEU輸出時に一部製品の関税が免除されている。

特に、韓国主力輸出品目である自動車および自動車部品に及ぶ影響は大きいものと予想される。EUが日本産乗用車に課している10%の関税は、EPA発効後は7年かけて完全に撤廃され、自動車部品の関税に関しては即時撤廃される。ただし、韓日とも欧州現地工場で生産する車両が多いため直接的な影響は限定的になるだろうとの分析もある。


報告書は「日本は米国の保護貿易主義に対応するために日欧EPAと並行して、太平洋沿岸10カ国と『包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)』の発効にも注力している」としながら「我が国も輸出市場を多角化する一方でグローバル保護貿易主義に対処するためにCPTPPへの参加について検討が必要だ」と提言した。
http://japanese.joins.com/

昨年7月に、日欧のEPA(経済連携協定)が大筋合意になった。日本とEU(欧州連合)29ヶ国のGDPは、世界の28.4%を占めるだけに重要となる。世界の貿易額では36.8%となる。トランプ米大統領出現で保護主義の流れの中で、日欧は自由貿易を守る強い意志を世界に発信した。TPP(環太平洋経済連携協定)は、米国の脱落で頓挫だが、今回の「日欧EPA」の大筋合意で米抜きTPPである「TPP11」にとっては大きな推進力となる。 日欧EPAで、GDPは長期的な押し上げ効果が期待出来ると言うわけだ。EU側で年間0.76%、日本で同0.29%と試算している。日本の潜在成長力は現在、0.7%程度まで下がっているだけに、日欧EPA効果は大きい。自由貿易の重要なメリットと言える。結果、日欧EPAの大筋合意は、韓国へ「逆風」になっている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月21日 18:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
三歩で忘れる鳥頭
言ってることがメチャクチャだね。
何年も前からEU韓FTAがあるから、関税では
日本とイーブンになるという事案だが、
それなら韓国が不利だというのは製品で敵・日本に
負けてる、ということか。

ついでの話で、韓国はTPPに入りたいという。
この件では日本に助けてもらいたいと言いたげだ。

韓国の基本方針は、TPPには入らないで、全方位FTAだった。
その通り、やりたい形になっているのだが。
[ 2018/08/21 21:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp