韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日欧EPA、THAAD後のさらなる危機…「韓国自動車産業崩壊のおそれ」

日欧EPA、THAAD後のさらなる危機…「韓国自動車産業崩壊のおそれ」

韓国の自動車エンジン部品メーカーA社代表のイムさん(46)は最近、眠れない日が続いている。2年前までA社の上得意は中国だった。だが、THAAD(高高度ミサイル防衛)報復で中国への輸出が急減した後、昨年取引先の多角化を通じて欧州への輸出量を伸ばしながらかろうじて危機を克服した。

ところがまた危機だ。来年発効予定の日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)のためだ。2011年、韓国・EU間で自由貿易協定(FTA)が発効され、欧州に輸出される韓国産自動車部品は関税の免除を受けるようになった。関税2.5%を出している日本の競争会社に比べて価格競争力を維持できていたが、EPAが発効されればこの利点は消えてしまう。イム代表は「米国と中国への輸出量が減った状態で欧州輸出に活路を見出したのに、今は退くところがない」と悲嘆に暮れた。

中国のTHAAD報復で打撃を受けた韓国自動車産業が三重苦に陥る危機に置かれた。まず、来年発効される日欧EPAが心配だ。欧州は主要自動車市場のうち、韓国が日本に唯一優位を保つことができた市場だ。韓国・EU間のFTAに力づけられ、価格競争力も備えていた。だが、日欧EPAの発効後は7年かけて日本の対欧州輸出自動車の関税が撤廃される。大型完成車メーカーが多い日本が波状攻勢を仕掛けてくれば、韓国の市場防御は容易ではなくなるとの見通しが出ている。


韓国貿易協会通商支援団が21日に公表した報告書「日EU・EPAが我々の対EU輸出に及ぼす影響および示唆点」によると、韓国の主要輸出品目である自動車および自動車部品は打撃が避けられない。EUが日本産乗用車に課していた関税10%は段階的に、自動車部品の関税は即時撤廃される。

現代・起亜車はチェコ・トルコ(現代車)、スロバキア(起亜車)などに現地生産体制を整えている。だが、韓国内で生産して欧州に輸出している物量が少なくないうえ、自動車部品の相当数を韓国内から調達している。国家間輸出品の競争程度を指数化した輸出競合度指数で、自動車エンジン部品は0.945、自動車用タイヤは0.645、小型乗用車は0.618を記録している。輸出競合度が1に近いほど両国の輸出が競争的だという意味だ。昨年、韓国と日本の全体EU輸出品目競合度が0.392だった点から考えると、自動車分野での競争がどれほど激しいかをうかがい知ることができる。
http://japanese.joins.com/

安倍晋三首相と欧州連合(EU)のトゥスク大統領とユンケル欧州委員長は7月17日、首相官邸で日本とEUの経済連携協定(EPA)に署名した。2019年3月下旬までの発効を目指すとしている。世界の国内総生産(GDP)の約3割を占める自由貿易圏が誕生することになる。日欧で協調し、「自国優先」の通商政策を打ち出す米国への防波堤となる。日本政府は秋にも予定する臨時国会での承認手続きの完了を目指すとしており、関税分野では農林水産品と鉱工業製品を合わせて日本側が約94%、EU側が約99%を撤廃することになる。世界の貿易の約4割を占める世界で最大規模の自由貿易圏になる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月22日 08:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
部品の現地生産
自動車部品は韓国が気にする問題ではない。
違う分野でそれぞれの棲み分けになる。
欧州向け部品輸出は現地生産向けが中心だから、
日本メーカが完成車生産を増やせば部品輸出も増えるが、
そうなれば、部品の現地生産も増えるはず。
表をみると、欧州は部品工場が少ないから、これは増える。
タクシー需要が多いプリウスなど、日本車需要は大きい。

日系自動車メーカーの現地生産工場数
アジア 105 (部品56)
欧州 19 (部品4)
アフリカ 19
北米 19 (部品14)
中南米 19 (部品56)
[ 2018/08/22 11:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp