韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  エレベーター世界統一、三菱電機の野望

エレベーター世界統一、三菱電機の野望

三菱電機は2020年度までに、海外のエレベーター市場に「世界統一機種」を投入する。アジアの新興国を中心に市場の裾野が広がり、従来より安価な機種が求められていることが背景にある。エレベーターは国ごとに安全規制が異なり、統一機種の展開は難しかった。これまで地域ごとに設計し、「適地販売」を展開してきたが、設計の標準化を進めたグローバル機種の開発に乗りだし、規模のメリットも追う。

三菱電機は93カ国でエレベーターの受注実績がある。高価格帯の製品を中心に供給している。 中国、インドでは幅広い需要に対応するため、2ブランド体制を敷く。主に中価格帯以上を対象にしているが、伊藤泰之専務執行役ビルシステム事業本部長は「その下」の機種の必要性を説く。「2ブランド体制でこれまでより安い製品を供給しているといっても、市場全体では決して安いわけではない」。 世界規模での市場の拡大に伴い、安い機種の需要の高まりも見込まれる。ボリュームゾーン攻略に向け、従来よりも低価格な機種が必要になりつつある。

エレベーターは「究極の適地販売の商品」と言われてきた。地域ごとに安全規制が異なるため、通常、それぞれ設計し、販売する必要があるからだ。そのため、規模のメリットが効きにくい事業でもある。


三菱電機が開発に着手した「世界統一機種」は複数の国での展開を前提としている。規制対応に必要な部分以外で共通化できる構造部を洗い出し、機能を簡素化した共通プラットフォーム(基盤)の開発を進める。国ごとに微調整して販売する方針だ。部品の共通化を進め、調達費の低減にもつなげられ、従来より安価な商品を実現する。
http://news.livedoor.com/

2017年のエレベーター会社の売上高世界ランキングの世界1位は、1973年にオーチスを買収したユナイテッドテクノロジー。エッフェル塔、自由の女神、日本では霞が関ビルに設置され、歴史ある建物はオーチスのエレベーターと言える。世界2位は、シンドラー社。1874年に、ロバート・シンドラーによって設立されたエレベーターの名門で、エスカレーターの世界シェアでは世界1位。世界3位は、フィンランドのコネ。世界初の機械室なしエレベーターを開発したことでも有名。クレーンやフォークリフト事業を分社化している。世界4位は、ドイツの鉄鋼メーカーのティッセンクルップ社です。祖業の鉄鋼業に陰りが見える中、エレベーターに経営資源を投入している。売上高の5位と6位には、三菱電機、日立が入っている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月23日 09:37 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp