韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ロッキードマーチン「日本生産50%以上提案」

ロッキードマーチン「日本生産50%以上提案」

米ロッキードマーチンが日本で導入する次世代戦闘機の50%以上を日本国内で開発・生産する案を提案したと日本経済新聞が伝えた。

日本経済新聞は23日付でロッキードマーチンが2030年から導入される日本の次世代戦闘機事業機種としてF-22とF-35の混合型を提示し日本政府に提案したと報道した。世界最強の戦闘機と呼ばれるF-22はレーダーに探知されにくいステルス機能と強い攻撃力を備えているのが特長だ。米国はこれまでF-22の海外輸出を禁止してきた。

同紙はロッキードマーチンのこうした提案に対し、「日本に機体などを提供するのは技術流出の恐れがなく、アジアの安全保障にもつながるとみるからだ」とし、「日本側の『米国企業が開発・生産を独占し、日本企業がほとんど関与できなくなる』との懸念に応えるため」との見方を示した。

だが、米国の技術移転がどの水準までされるかが不確実なうえに、導入費用が大きいという点で懸念も提起される。ロッキードマーチンが次世代戦闘機70機を生産する場合、費用は240億円、140機を生産する場合、費用は210億円と推算されている。日本が導入中のF35Aは1機当たり150億円だ。
http://japanese.joins.com/


日本が2030年をメドに導入する次期戦闘機を巡り、米防衛大手ロッキード・マーチンが防衛省に提出した開発計画が分かった。同社のF22を主体に改修し、日本企業に開発・生産の分担比率50%以上を認めたと日本経済新聞が報じている。「門外不出」とされたF22の技術を使った戦闘機でエンジンも含め日本企業主導にできれば、日米同盟と国内防衛産業の基盤強化につながるとの事。

一方今年3月には、防衛省が2030年までの国産戦闘機開発をこれ以上検討しないことを決定した報じている。その一方で、F2戦闘機の退役後に導入される新世代戦闘機は、国際共同開発をベースとし、F35A戦闘機を引き続き導入する可能性もあるとしていた。航空自衛隊はF4JをF35Aに置き換えている。30年には日米が共同開発したF2も退役を迎える。中国とロシアの空軍が動きを活発化させている中で、F2の後継機問題がより厳しさを増している。防衛省の関係者が「防衛省は自前の戦闘機技術を保つ上で、F2後継機の単独開発を強く望んできた」と語る一方で、財務省側が「単独開発はコストが掛かりすぎ、財政に大きな圧力がかかる」との姿勢を示していたわけだ。

防衛省関係者は、F2後継機の開発で米国の意見を無視するわけにはいかないとし、米国にとってはF2の退役後にF35Aを導入して置き換えてもらうのがベスト。100億ドル(約1兆600億円)規模の大きなビジネスになるし、米製造業の振興に一役買うことになると伝えている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月23日 12:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp