韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  深刻なホテル不足から、供給過剰問題となった韓国・ソウル

深刻なホテル不足から、供給過剰問題となった韓国・ソウル

ソウルでホテルの供給過剰が続いている。韓国有数の繁華街である明洞エリアの3つ星や4つ星級のホテルが、通常10万ウォン台の宿泊料を平日1泊6万ウォンから8万ウォンに割引いて販売し、東南アジアの団体客に4万から5万ウォンの価格を提示するホテルも現れた。稼働率は上がったが利益が出ない状況で、ホテルの売却を検討している企業もあると韓国経済新聞は伝えている。

ホテルの供給過剰は政府の規制緩和に端を発している。年間600万人台で推移していた訪韓外国人は2012年に1000万人を突破した。外国人観光客の増加に加えて、東京に拠点を置く欧米系企業等が、東日本大震災の余震が続く東京を避けてソウルのホテルを仮事務所として利用するなどホテル不足が深刻化な課題となった。政府は2012年7月から2016年までの時限措置として建設要件を緩和する「観光宿泊施設拡充に向けた特別法」を制定し、韓国企業に加えて外資系企業もホテル建設に乗り出した。明洞だけで40軒増加している。統治時代に日本人街として発展し、1988年のソウル五輪と前後して外国人を迎える商店街として発達した地域で、建物の老朽化が進んでいる。外装だけ新しくして土台や柱は統治時代から更新されていない建物が少なくない。

土地が限られるソウルは中高層建築を好む地主が多く、容積率を緩和する特別法は老朽化した建物を建て替えるきっかけになったのだ。中国人の増加がホテルへの建替えを後押しし、低層階に商店が入居する「ゲタばき」ホテルが乱立した。2012年に786カ所だった韓国のホテルは、2017年には1617カ所まで倍増し、2018年もさらに100カ所ほどのホテルが新しくオープンする見込みである。


ホテルが供給過剰となりはじめた2017年、中国政府は米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の在韓米軍配備に対する報復で、団体観光客の訪韓を禁止した。北朝鮮によるミサイル発射への懸念から日本人も訪韓を控え、2017年の訪韓外国人は前年比22.6%減の1334万人まで落ち込んだ。2018年現在、日本人は戻っているが、中国人客は戻っていない。プールやスパ、レストランなどが充実しているホテルは、ホテルでバカンスを楽しむ「ホカンス」客で売上は確保したが、夏の観光シーズンが終盤を迎え、予断を許さない状況に変わりはない。
https://www.newsweekjapan.jp/

韓国を訪れる中国人観光客は、免税店目的が大半となる低所得層であるから、宿泊はビジネスホテルなどである。それでビジネスホテル建設ラッシュが始まり、結局不発でその後どうなったのかの報道はない。訪日し日本人観光客を招待と言う形で取り込んでも利益はない。K-POP人気は相変わらず日本だけは根強いが…。日本でまた荒稼ぎするのだろう。そのK-POPスターを利用してのサービス奉仕となる。日本人観光客増加と報じても、本来の増加とは意味が違う。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月25日 08:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp