韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日中がEV充電規格を統一へ、韓国は蚊帳の外

日中がEV充電規格を統一へ、韓国は蚊帳の外

2018年8月22日、韓国経済新聞社は、日本と中国が電気自動車(EV)向け急速充電規格の新たな規格作りに乗り出すと発表したことについて、「韓国は蚊帳の外に置かれた」と伝えた。米華字ニュースサイト多維新聞が報じた。

日本メディアによると、日本発の自動車向け急速充電規格「CHAdeMO(チャデモ)」について、普及を担当する東京・港区の「チャデモ協議会」が22日、中国の業界団体「中国電力企業連合会」と新規格作りを始めると発表。乗用車のほか、バスやトラックに対応する高出力の規格を2020年に決定するとしている。今月中に北京で覚書を交わす計画だ。20年をめどに10分以下で充電できる機器の共同開発を目指すという。

記事は「EV向けの急速充電器については、日本、中国、欧州がこれまで規格争いを展開。日中が連携することにより、世界シェア(占有率)の9割を占めることになる。日本は中国に技術と安全管理方法を提供し、中国は日本に関連部品を提供する見通しだ。トヨタ自動車は中国で電気自動車の生産ラインを拡大するため、新たに1000億円を投じる計画。韓国サムスン電子、LG電子などの自動車用電池生産制限をかけている」と伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/


日本発の自動車向け急速充電規格「CHAdeMO(チャデモ)」の普及を担うチャデモ協議会は、中国の業界団体と新たな規格作りに乗り出す。乗用車だけでなくバスやトラックに対応する高出力の規格を2020年に決める。日中で規格を統一すればシェアは9割を超え、電気自動車(EV)を充電する規格の国際標準になる可能性がある。中国の規格「GB/T」を推進する「中国電力企業連合会」と28日に北京で覚書を結ぶ。既に普及する充電器の10倍となる出力500キロワット超まで対応する技術の規格を共同でつくる。

充電器と車をつなぐコネクターや充電を制御するソフトウエアなどの仕様を統一する。規格を統一すれば日本からEVや関連部品の輸出がしやすくなり、車両の性能向上にもつながる。規格作りは中国側が主導してとりまとめる。日本側は充電器の技術やノウハウを提供する。20年に新規格を策定し、中国側は対応した充電器を同年に設置したい考え。準備が整い次第、日本も導入する。欧州のほかインドなどにも協調を働きかけるという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月25日 08:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp