韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  Apple、iPhoneに電池持続時間を延長する新技術を採用か

Apple、iPhoneに電池持続時間を延長する新技術を採用か

AppleがiPhoneやApple Watchのディスプレイに、省電力、しいては電池の持続時間延長に貢献する、新たなバックプレーン技術を導入する可能性があるとの見解を、調査会社IHS Markitが明らかにしました。大まかにいうと、バックプレーンは画素のオン・オフ切り替えにおいて重要な役割を果たしています。つまりディスプレイの解像度、リフレッシュレート、消費電力に大きく関わっています。

現行のモバイルデバイスが搭載するアクティブマトリックス有機EL(AMOLED)ディスプレイは、低温ポリシリコンTFT液晶(LTPS TFT)を標準バックプレーンとして採用しています。しかしIHSは、Appleが将来的には、LTPS TFTに代わって「LTPO TFT(低温多結晶酸化物TFT)」という独自のバックプレーン技術を、iPhoneに取り入れるだろうと予想しています。IHSによれば、LTPOは理論的にはLTPSよりも5~15%の省電が可能なため、電池持続時間の延長が期待できます。

LTPO技術については、Appleは2014年に最初の特許を申請しており、以降2015年、そして今年も特許を申請しています。IHSはLTPSからLTPOへと切り替えるメリットについて、前述した省電力化以外にも、OLED部品や技術のコストをより密接に管理可能となる、ディスプレイ関連のサプライチェーンの管理がしやすくなる、などの理由を挙げています。これはLTPOがApple独自の技術であるためでしょう。 IHSはAppleがまずLTPO技術を導入するのはApple Watchであり、順次OLEDを搭載したiPhoneにも採用していくだろうと予測しています。
http://news.livedoor.com/


昨年クアルコムは、たった5分の充電でスマホが5時間以上も利用できるようになる新技術「Quick Charge 4+」を発表している・「充電の超高速化」と「バッテリー寿命の延長」を実現した画期的な技術だ。iPhoneシリーズは充電が0%の場合だと100%まで概ね2時間ほどの充電が必要で、一般的な操作をしていると大体12時間くらい電源が持つ。ザックリ単純計算すると、iPhoneの場合は5分の充電で30分ほどしか使えないので、「5分の充電でスマホを5時間以上使える」というのは魅力的だ。

ところが、搭載機も発表されている「Quick Charge 4+」だが、残念ながらiPhoneに搭載される事は無い。なぜかと言うと「Quick Charge 4+」は、クアルコムがAndroid向けにリリースしているプロセッサ「Snapdragon 835」の機能の1つだ。iPhoneユーザが切望しているバッテリーに関する技術なだけに、今回のニュースに期待がかかる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月25日 08:44 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp