韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子ベトナム、操業開始から10億台生産

サムスン電子ベトナム、操業開始から10億台生産

サムスン電子ベトナム(Samsung Electronics Vietnam=SEV)のシム・ウォンファン社長は、2009年4月の操業開始から現在までの10年間に生産した製品の数が10億台に達したことを明らかにした。2018年6月末時点の生産台数は10億5743万3000台に上る。

ウォンファン社長は、「紅河デルタ地方バクニン省の工場が稼働してから9年、東北部地方タイグエン省の工場は稼働からまだ4年しか経っていない。この短期間に弊社は累計10億台を生産した」と語った。ベトナムが世界で有数のハイテク製品の生産拠点になったことを示すものだという。

両工場の生産台数は、バクニン工場が約6億2500万台、タイグエン工場は約4億3100万台。10億台の製品には、スマートフォン、パソコン、スマートウォッチのほか、2012年まで生産していたフィーチャーフォンも含まれる。

サムスンがインドに年産能力1億2000万台の工場を建設したことから、「生産拠点をベトナムからインドに移すのでは」と懸念されていることについて、ウォンファン社長は移転を明確に否定した。ベトナムの工場が97%を輸出しているのに対し、インドの工場は70~80%を国内市場に出荷しており、役割が異なるという。
http://biz.searchina.net/


韓国サムスングループのベトナム法人サムスン電子ベトナムのシム・ウォンファン社長は、ベ トナムでの携帯電話およびスマートフォンをはじめとするモバイル機器の累計生産台数が10億台に達したと、ベトナム・インベストメント・レビュー紙が22日伝えたもので、同国におけるサムスンの携帯電話生産拠点が稼働して9年余りで大台に乗せたことになる。 シム社長は、携帯やスマホ、タブレット端末、腕時計型端末「スマートウオッチ」などを合わせた生産台数が今年6月時点で10億5700万台となったとした。サムスンは、北部バクニン省に建設した工場で2009年4月に携帯電話などの製造を開始し、同工場で6億2500万台超、後に操業を始めた中部タイグエン省の工場では4億3000万台超を製造した。

同社はベトナムを携帯・スマホの製造基地と位置付け、世界各国・地域に製品を供給している。サムスン製品および部品はベトナムの年間輸出総額のほぼ2割を占め、経済面での存在感は極めて大きい。ところが、今年6月、ベトナムで地場企業がスマートフォンの生産を拡大すると発表した。不動産最大手のビングループはスマホ事業に参入し、2019年に製品を発売するとしている。家電メーカーのアサンゾは18年、スマホ生産量を前年の50倍にあたる60万台に増やす。ベトナムのスマホ市場は韓国・サムスン電子がほぼ半分のシェアを握る寡占市場だが、低価格を武器に違いを打ち出して攻勢をかけるという。サムスンにとっては来年からは厳しい年になる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月25日 09:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp