韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国気象庁の台風19号進路予想大外れ「日本の気象庁以下」

韓国気象庁の台風19号進路予想大外れ「日本の気象庁以下」

韓国上陸前は「過去最長の期間、観測史上最強の勢力を保ったまま韓国にやってくる」と予想されていた台風19号だが、実際は当初懸念されていたほどの被害は出ず、24日には東海(日本海)に抜けた。気象庁が24日に発表した内容によると、台風は23日夜11時ごろ木浦に上陸し、11時間ほどかけて内陸を移動してから24日午前10時ごろに江陵付近から東海に抜けたようだ。

今回の台風19号によりもたらされた風の強さは、全国のほとんどの地域で台風の基準(10分間の平均最大風速が秒速17メートル以上)に満たず、台風クラスの強風を記録した地域はごくわずかだった。これについて気象庁は「台風が上陸すれば、地上の建物などとの摩擦により観測地点での風の強さが弱くなるケースもある。しかし上空の風の強さは台風レベルを維持していた」と説明した。

1000ミリの豪雨を記録した済州道、同じく300ミリを記録した全羅南道など、一部地域を除くと豪雨の被害もほぼなかった。当初、台風の移動経路の中心は首都圏を通過すると予想予測されていたが、ソウルでの降水量はわずか6ミリにとどまった。そのため市民の間からは「過去最強の台風と言いながら、実際は過去最高のはったりだった」などと気象庁を揶揄(やゆ)する声も出ている。


まず当初から台風の進路予測に問題があったため、「韓国気象庁の予測は日本の気象庁以下」との指摘が相次いでいる。気象庁は23日午前の時点まで「台風は忠清南道の泰安半島付近に上陸し、京畿道南部を通過するだろう」と予想していた。その後、台風が上陸した23日夜11時直前の発表となった夜10時には「台風は1時間後の夜11時に木浦に上陸するだろう」と予想を変えた。これに対して日本の気象庁はその11時間前の23日昼12時に「台風は木浦に上陸して江陵に抜けていくだろう」と予想していた。日本の気象庁の予想はほぼ正確だった。
http://www.chosunonline.com/

中央日報は、結局、気象庁は台風19号が24日未明に全羅北道扶安付近の西海岸に上陸すると予想進路を変えた。当初、台風19号が忠清南道西海岸を経て首都圏を横切るとみていたが、上陸地点をさらに南に修正したのだ。 これに先立ち、日本気象庁は台風19号が全羅南道木浦付近に上陸すると予想していた。韓国気象庁が日本気象庁に一歩遅れて従う格好になったと報じている。

とは言え、実は韓国では梅雨入り以降、気象庁の天気予報が連日外れたことから人々の不信感が高まっている。海外の予報をチェックする「気象亡命族」が増加している。 韓国気象庁は6月30日、韓国が本格的な梅雨に入ったとして「今後前線の影響で全国的に雨が多く降る。ソウルは1週間雨」との中期予報を出した。しかし1週間もたたない7月5日、今度はソウルや京畿道、済州の一部など広い範囲に猛暑注意報を発令することになった。 この他にも、「雨は降らない」と予報した日に雨が降ったり、反対に「雨が降る」と予報した日に晴天が広がるなど、中期予報はおろか翌日の予報すら外れる状態が続いていた。韓国気象庁の予報に失望して海外のウェブサイトで天気予報を確認する人が増えているというが…。 実は一向に進歩がないのが、韓国気象庁なのである。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月25日 16:04 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp