韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  全固体型リチウム電池、35年には2.7兆円の市場規模に

全固体型リチウム電池、35年には2.7兆円の市場規模に

富士経済(東京都中央区)は、2035年に全固体型リチウムイオン電池の世界市場が、2兆7877億円になるとの予測をまとめた。中国をはじめ世界各国の環境規制強化を背景に普及する電気自動車(EV)など電動車向けが全体のけん引役となり市場が拡大する見通しだ。

全固体電池は固体材料の電解質の採用による安全性や急速充電性能の高さが特徴。現状、電動車向けはリチウムイオン電池が主流だが、電池メーカーや材料メーカー、自動車メーカーなどが開発を進めている。

車メーカーでは、トヨタ自動車は20年代前半の実用化を目指しているほか、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)はEV用全固体電池の早期実用化に向け産学官連携で基盤技術の開発に乗り出した。

富士経済によると全固体電池の材料別では硫化物系が35年に2兆1200億円、酸化物系は同6120億円と予測する。硫化物系は活物質と固体電解質の界面形成が比較的容易なため電池の大型化がしやすく全固体電池の市場形成、拡大期をけん引するとしている。


17年の世界市場は21億円だった。欧州メーカーが自動車向けに展開する高分子系がほぼ大半を占めた。酸化物系は電子部品メーカーがIoT(モノのインターネット)やウエアラブル端末の電源用で製品化を進めている。
http://news.livedoor.com/

現在、自動車や電化製品業界で新たなエネルギー源として期待を寄せられている全固体電池。昨年には、「2020年代前半に、リチウム電池に代わって全固体電池を搭載したEV(電気自動車)の実用化を目指す」とトヨタが発表するなど、実用化に向けた開発は待ったなしである。2017年夏、従来の液体電解質に匹敵するイオン伝導率(電気の流れやすさ)を持つ、新たな固体電解質材料が発見された。スズとケイ素を組成に組み込んだ新電解質はこれまで発見された組成に比べて材料が安価で、しかも合成しやすいという特徴を兼ね備えている。その新電解質を発見したのが、菅野教授らの研究グループだ。

固体なら積層が可能なので、エネルギー密度を既存のリチウムイオン電池よりもさらに高めることが可能だ。イオン伝導率の高さから大きな出力が得られる。また、充電も短時間で行える。さらに−30℃~100℃でも安定した性能を発揮できるなど、温度変化にも著しく強い。まだ固体電解質の特性を最大限に生かせる電極材料は何なのか、などの課題は残っているが、以前に比べると見通しはかなり明るいという。実用化されれば、これまでのリチウムイオン電池をはるかに超えた特性が期待できる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月27日 09:28 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp