韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「世界初の自動運転車は韓国」…25年前にソウル市内を走行

「世界初の自動運転車は韓国」…25年前にソウル市内を走行

眠れなかったという。「病院に運ばれたらどうしよう。市民にけがをさせないだろうか」という心配のためだ。運動場だけでテストしてきた自動運転車を実際に道路で走らせる前日の夜だった。25年前の1993年6月のことだ。翌日、車1台が高麗(コリョ)大ソウルキャンパスの校門を出た。当時、高麗大産業工学科のハン・ミンホン教授(現在76歳)が亜細亜自動車の「ロクスタ」を改造して開発した自動運転車だった。車はソウル清渓(チョンゲ)高架道路、南山(ナムサン)1号トンネル、漢南(ハンナム)大橋を経て汝矣島(ヨイド)63ビルまで約17キロ区間を無事に自動運転した。

最初はハン教授が運転し、清渓高架道路に入った後、自動運転モードに切り替えた。車はカメラから入ってくる映像を自ら分析し、車線を走って前の車との距離を維持した。車線変更する技術はまだなかった。ハン教授は「試験走行場を走った事例はあるが、自動運転車が都心を走ったのは世界で初めてだった」と振り返った。

2年後の95年にはソウルから釜山(プサン)まで京釜(キョンブ)高速道路を走った。ハン教授は「国際学会で成果を発表した後、ドイツのベンツとフォルクスワーゲンが技術を学びに訪ねてきた」と話した。しかし韓国政府には産業技術として開発するためのプロジェクトを申請したが脱落した。ハン教授は「理由はよく分からない」と語った。結局、世界で初めて市内走行を可能にした技術は国内の自動車産業にまで結びつかなかった。


初の都心自動運転から25年が経過した今月13日。ソウル良才洞(ヤンジェドン)のサービスエリアで現代自動車の自動運転試乗車に乗ってみた。ジェネシスG80を改造したものだ。運転席には現代車のクォン・ヒョングン自動運転開発室長が座った。サービスエリアを抜けて高速道路に進入し、自動運転ボタンを押した。車は自ら片道5車線の真ん中の車線に入った。自動で車線変更してハイパス(ノンストップ自動料金収受システム)料金所を通過し、インターチェンジで嶺東(ヨンドン)高速道路に入った。車道の緑色の矢印などを認識して車線を変えた。前の車が制限速度より20%以上遅く走る時は追い越し車線が空いているのを確認して追い抜いた。あえて車線変更をする状況ではないが、右側の車線に入る状況が生じた。クォン室長は「後ろの車がかなり接近したために避けた」と説明した。道を譲ったのだ。目的地の嶺東高速道路、徳坪(ドクピョン)サービスエリアまで約50キロを走行する間、クォン室長は一度もハンドルに触れなかった。
http://japanese.joins.com/

中央日報は、世界初の自動運転車は韓国で、25年前にソウル市内を走行と題し記事掲載しているが、25年も前に実施したわりに、これほど進歩が遅い企業・国も珍しいという事になる…。技術開発レベルの遅さに問題があるという事だ。普通ならば世界を先導するべき企業・国となる理屈だが…。

一方日本では、自動運転タクシーサービスの実証実験開始に向けて、東京都などは25日、報道陣向けの試乗会を行った。実証実験はタクシー大手の日の丸交通と自動運転ベンチャー企業のZMPが行うもので、都が実用化のため両社に1千万円を補助した。乗客を乗せた自動運転タクシーが公道を営業走行するのは世界初で、2020年東京五輪・パラリンピック開催前の実用化を目指すという。 実験区間は「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」(東京都千代田区)と「六本木ヒルズ」(東京都港区)間の約5・3キロで1日4往復した。この日は、実験区間の一部で報道陣を乗せて自動運転で走行した。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月27日 18:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp