韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  普通の人は今だからこそ格安スマホを試してみよう

普通の人は今だからこそ格安スマホを試してみよう

「格安スマホ」というキーワードを目にしたことのある人は多いと思います。格安スマホという言葉の認知度は9割に達していると言われますが、実際はどんなサービスかよく分からないという人もいるでしょう。「格安」という言葉のイメージもあって、「安かろう悪かろう」じゃないのかなとマイナスイメージを持っている人もいると思います。

まず、「格安」のほうですが、これはなんと半額くらいが期待できます。ある調査では大手3社の利用料金は月8000円前後のところ、格安スマホに切り替えている人の利用料金は平均が月3000円くらいだったそうです。これは大きな差です。少なくとも「安かろう」のほうは事実です。「どうせつながらないんじゃないの?」という心配もあまりありません。通信回線の速度はMVNOということで、独自に全国の基地局を建てて、回線網を作っているわけではないからです。昔は新規参入といえば、「一部地域しかつながらない」というイメージがありましたが、大手通信業者の回線を再利用しているので基本的にそういう心配はないのです。

若干通信速度が遅くなる傾向はあるようですが、それでも数年前のスピードに比べればほとんど支障がないですし、LINE等のSNS利用くらいならまったく問題なく使えるでしょう。「悪かろう(遅い、つながらない)」の心配もあまりないのです。今、あえて格安スマホをオススメする理由のひとつとして「技術革新がゆっくりになってきた」ということがあります。iPhone3GSやiPhone4の頃は、2年も経つとソフトのアップデートをすればどんどん動作が重くなるし、新しいスマホの機能のアップグレードもすさまじかったので、「古すぎる機種」になっていました。


しかし最近のスマホは、3年くらい使い続けてもそれほど違和感がなくなりました。少なくとも「2年しばりの最後の頃には使いにくくてしょうがなくて、だましだまし使っていた」という状況ではなくなったわけです。実は今の格安スマホ、昨年のスタンダード機種くらいのものが使えるようになっています。カメラも高機能です。Suica等の電子マネー利用をしなくて良ければさらに高機能なものを選べますし、Suicaを使いたい人にも国内メーカーのスマホがちゃんとあって、しかも安く出回っています。

最新機種の端末代といえば、8~10万円くらいを2年で分割する印象でしたが、これでは毎月の支払いに4000円くらいが乗ってきます。月々割の適用を受けても大きな負担です。格安スマホであれば2~3万円ですむので、一括払いも簡単ですし、分割しても月1000円程度になります。
http://news.livedoor.com/

私はインタネット環境下のプロバイダーであるアサヒネットのサービスに便乗してます。ドコモのスマホであれば、格安SIM装着で、バケット3Gついて、電話が使えるSIMで、月1400円です。大半がWi-Fiなので、全く問題がありません。電話を多く利用する人向きではありませんが、プロバイダーサービスだと、一括引き落としで実に分かりやすいです。電話番号が変わるという難点はあります。他社のサービスなどを確認するとなおよいのではと思います。今のスマホ月額料金は安い。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月28日 16:00 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp