韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国で「最悪」の経済格差が…“所得が低い人”ほど給料も働き口も失う

韓国で「最悪」の経済格差が…“所得が低い人”ほど給料も働き口も失う

数日前からソウルに来ている。知人や記者仲間たちとの雑談でよく出るのが、韓国の経済格差が広がっているということだ。所得が少ない人はさらに少なくなり、所得が多い人はさらに多くなっているというのだ。韓国にはそもそも「自力で大富豪になれない」という“格差”が存在しているが、それとはまったく違う次元で問題が深刻化しているらしい。

韓国統計庁が8月23日に発表した「2分期家計動向調査結果」によると、所得下位20%の世帯の所得が月額132万4900万ウォン(約13万円)で、前年同期比で7.6%も減少したという。4-6月期ベースでは2003年以降、最大の減少幅らしい。所得下位20%の勤労所得は15.9%も減ってしまっているというのだ。一方で所得上位20%の世帯の所得は、月額913万4900ウォン(約91万円)となり、昨年同時期に比べても10.3%増だ。「所得上位20%の世帯所得が2桁台の伸びを示したのは、2003年に統計を取り始めて以来初めて」(『朝鮮日報』)らしい。

つまりは一口で言うと、韓国では所得格差がかつてないほど拡大しているということだ。その事実は韓国メディアもこぞって報じており、新聞を開くと「所得分配10年ぶりに最悪…低所得層の所得急減、高所得層は10%増」(『聨合ニュース』)、「両極化10年ぶりに最悪…所得主導成長の逆行」(『中央日報』)、「分配10年ぶりに最悪…所得主導成長の惨憺たる失敗」(『ソウル経済』)などと、各紙が“過去最悪”であることを強調している。しかも、所得格差だけでなく、韓国では働き口も減っているという。実際、首都ソウルの数字がその状況を顕著に表していた。


多くの専門家やメディアは、格差の原因を「最低賃金の引き上げ」と指摘している。周知の通り、韓国政府は今年に入って最低賃金を6470ウォン(約650円)から7530ウォン(約750円)と、16.4%も引き上げている。それどころか今年7月には、来年の最低賃金をさらに10.9%増の8350ウォン(約835円)に引き上げることも決めた。2020年には日本を超えるペースだ。しかしその急激な引き上げの結果、「人件費が増えて商売にならない」という自営業者が続出して雇用が減り、格差が広がってしまったというわけだ。
https://news.yahoo.co.jp/

全家計所得は増えているが、収入の二極化は激しくなっている。所得最下位20%の所得は昨年の第2四半期より7.6%減少し、2003年の統計開始以来最大の減少幅を見せたが、逆に、最上位20%の所得は10.3%上昇し、最大幅に増加した。所得上位20%世帯が稼いだお金は、下位20%の5.23倍で、この差は、第2四半期ベースでは、2008年の金融危機以降、最も高いレ ベル。

最低賃金の上昇は、全産業の10%売り上げとなる自営業者を直撃した。この自営業者の営業利益は17~20%で、産業の中で一番高い。300人以上の事業体で、全産業の売り上げは30%である。営業利益も8%前後となる。 一方従業員は、4人以下の事業体で全体の90%を占める。4人以下の事業体で最低賃金を実施すれば、安い賃金で雇用できずに、結果低賃金層の仕事は無くなる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月29日 08:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
「やすい労働力」を提供できなくなった時点で
韓国経済は詰んでいるわけですが。

内需を全く育てなかったのが、返す返すも阿呆な話だと思うが、
一方で、韓国人が、他人のために働くなんて発想は持たないだろうとも思う
[ 2018/08/29 21:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp